手帳をすぐ変えたくなる、と悩んでいる人はチャレンジしている証拠かも

こんにちは、pitsuです。

あなたは毎年違う手帳を使っていますか?

それとも同じ手帳をずっと使っていますか?

わたしは、毎年違う手帳を使う派です。ひどいときは、使って1ヶ月で買い替えたり…。

新しい手帳って、どうしてあんなに人を惹きつけるんでしょうね
今回はそんなわたしが、「手帳をすぐに変えてしまう」「せっかく買ったのに飽きてしまう」というお悩みにお答えしていきます。
この記事を読めばきっと、理想の手帳に出会いやすくなるはずです。
「手帳続かないけど、楽しいんだよなぁ」そんな方の参考になればうれしいです。

手帳はすぐに変えてもいい

手帳を変えたくなるのはどんなときですか?

「ライフスタイルが変化したとき」には、使いやすい手帳が変化して当然です。

仕事よりも育児に重きを置いている期間は、子どものことが中心になるでしょう。

転職したらタスクの量が変わって、手帳に書きこむ情報量が増減するのも当たり前です。

「手帳の使い方が思ったものと違った」という方にも、たくさんお会いしてきました。

そういう方は、わたしも含め、どこか「完璧主義」の性格の方が多い気がします。

小学生のときに、参考書のようにノートを綺麗に書きたいと思って書いてみたものの、思ったようにかけなくて、途中でノートをやめてしまった、という経験があります。

自分が使いやすいようにカスタマイズしてそのまま使い続ければいいのに、「よくできていない」ページがあるのがストレス。

そんな方も多いのではないでしょうか。

せっかく買った手帳なのに、すぐに変えたくなってしまう…

悪いことをしている気分になってしまうものですが、手帳はすぐに変えてもいいんです。

手帳を変えたくなったということは、何かに挑戦してライフスタイルが変化したり、「もっと良くしたい!」という気持ちから出てくる感情です。

1年1冊よりも、1年多冊の方がたくさんの手帳に出会えて、もっと自分に合う手帳が見つかるかもしれません。
支障がないなら、どんどん買い替えちゃいましょう!

どんな手帳がいいのか、考えてみる

本来なら1年使える手帳。

どうして買い替えてしまうのでしょうか。

しっくりこないから。

他の手帳がよくなったから。

さまざまな理由がありますよね。

何がしっくりこなかたのでしょうか?

他の手帳のどこに惹かれましたか?

持ち運びやすさ、大きさ、手帳のレイアウト、紙質…

「自分はどんな手帳が欲しいのか」をはっきりさせないと、いつまでも「あなたにピッタリの手帳」は見つかりません。

自分にあった手帳を考える「手帳会議」のやり方は、下の記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

ピッタリの手帳を見つけよう

関連記事

来年の手帳はもう決まりましたか? ハンズやロフト、書店には続々と来年の手帳が並び始めていますね。 でも、実際に売り場に立つと目移りしてしまって、結局どれがいいかわからず、何も買わずに帰ってきてしまった… […]

手帳にどんなことを書きたいですか?

今、あなたが手帳に書きたいことは、どんなことですか?

  • 予定
  • TODO
  • ダイエットの記録
  • 育児記録
  • 日記
  • 家計簿
  • 献立管理
  • コーディネート

人によって書きたいことは様々だと思います。

書きたいことを書くために必要な手帳はどんなものでしょうか。

これが一番難しいところですよね。

なかなかすべてを満たしてくれるものに出会えない…。

だからこそ手帳を選ぶのは楽しいですよね

いいんです!手帳迷子でも。

手帳が趣味でもいいじゃないですか。

未来のことではなく、過去のことを書いてみる

やりたいことを叶えたい!

もっと素敵な自分になりたい!

と思って手帳に「やりたいこと」リストを書くと、予定通りにいかなくて落ち込んでしまったこと、ありませんか?

ずーっとポジティブでいられる人っていません。

常に前向き!って素敵だけど、しんどいときもありますよね
そんな方はぜひ、手帳に過去のことを書いてみてください。
深く考えなくても大丈夫です。あったことをどんどん書いていきます。
  • 注文していた洋服が届いた
  • 友達とカフェでランチした
  • 午後から雨があがった

未来の予定を考えるのは疲れるものですが、過去は考えなくてもあるものなので、スラスラと書けるのではないでしょうか。

毎日忙しいとなかなか気づけないのですが、ちょっとした幸せを見つけることができます。

疲れたときは、「過去のこと」。オススメです。

書きたくないときは何も書かない

手帳書きたくないな…

手帳を開くのすら面倒…

そんなときは、書くことをスッパリ諦めるのが吉。

疲れてたら書かなくてもいいんです。

白紙のページがあったっていいんです。

白紙のページは白紙のページで、「このとき忙しくて疲れてて、書く気力すらなかったんだよな~」といい思い出になりますよ

自分が使いやすいように使う

「ほぼ日手帳」「あな吉手帳」「ジブン手帳」…

本屋さんにはたくさんの手帳の公式ガイドブックがあって、素敵な使い方がたくさん紹介されていますが、軽く参考にする程度にとどめておきましょう。

自分が使いやすいように、お気に入りの手帳を使ってあげてください。

まとめ

手帳は、興味のあることや好きなことと向き合える、素敵なツールです。

「予定の管理」だけでなく、「頭の中を整理する」「学びを記録する」「書き出して整理しながら考える」「目標や夢を考える」…

手帳はあなたの力を引き出してくれます。

あなたは手帳を使って、どんな未来を手にしたいですか?