現役公務員女子が「公務員試験を受ける人」「公務員になったばかりの人」にお伝えする赤裸々ブログ

公務員の出世コースは存在する?出世する人の特徴やメリット・デメリット

こんにちは、現役公務員のゆーこです。

これから公務員として働かれる方、

若手公務員ではじめて異動になった方、

異動したことないけど、そろそろ異動になりそうな方、

そうでない方も異動発表の時期はソワソワしますよね。

そこで今回は、公務員の出世コースについて考えてみました。

結論からいうと、「公務員に出世コースはないけれど、管理職が経験したことが多い部署は存在する」です。

もちろん私はまだ若手職員(いや、中堅?)ですので、いろいろな管理職に聞いてみてわかったことを、若手職員ならではの目線でお話ししたいと思います。

 

公務員の出世コースはある?

公務員に出世コースはあるのか。

永遠の論題ですね。

出世コースは「ない」です

よく「○○課だから出世コースだね!」という話を聞きますが、

○○課を経験しても出世していない人もいますし、〇〇課を経験していないけれど出世している人もいます。

だから、○○課=出世する、とは言えません。

ただ、「部長等の管理職が経験したことがある課の中で多い課は?」と聞かれたらいくつかに絞れるかと思います。

「〇〇課を経験していないから出世できない」とは言えないということです。

公務員で出世するタイプは?

それでは、どんな人が「出世する」のでしょうか。

それは、「仕事ができる人」です。

piyo
当たり前すぎてびっくりするね
ゆーこ
そう。まったくもって当たり前のことなんだけど、民間企業とは「仕事ができる人」が違うんだ
民間企業で「仕事ができる人」と言えば、営業成績がいい人=数字を獲得できる人、です。
一方、公務員の仕事は、民間企業の仕事に比べると数値化・比較しにくいので、「仕事ができる」ことを客観的に評価するのがとても難しい。
たとえば、あなたと隣の職員はまったく異なった仕事をしていませんか?
業務目標もまったく異なるのではないでしょうか?
これでは、同じ物差しで評価をするというのはとても難しいですよね。
でも組織では、「仕事ができる人」と「仕事ができない人」を振り分けることが必要です。
では、どんな人が「仕事ができる」と判断され、出世するのでしょうか。

コミュニケーション能力が高い

私はまだ、管理職ではない若手公務員なので、「これがすべて」とは言えません。

ただ、出世している人はその他の人に比べて「コミュニケーション能力=対人能力」が高いな、といつも感じます。

これは「雑談がうまい」という意味ではなくて、

  • 「報告・連絡・相談」をしっかりすることで、上司と現状・成果を共有でき、上司に「よい仕事をしているな」と認識してもらう能力が高い

ということ。

先ほどもお話したとおり、公務員の仕事は数値化できないものが多いので、出世には必ず「上司の高評価」が必要です。

いくら、よい大学を出て、事務処理能力が高くても、上司に「よい仕事をしているな」と認識してもらえなければ、高評価はもらえませんから、コミュニケーション能力は出世に一番大切なスキルといえます。

ハードワークに耐えることができる=タフ

出世にはタフさも必要です。

残業時間の多さに耐えられる体力、精神的なタフさも必要です。

後ほどご紹介する、出世部署と言われる部署は、残業や責任も多い部署。

そもそも、人の上に立てば、その分責任が増えますし、より多くの仕事を同時に進めていかなくてはいけません。

ゆーこ
担当者であれば自分の業務だけ理解していればいいですが、たとえば部長は部内全体を把握してないと仕事にならないですもんね

公務員の出世部署3つ

上で紹介した「出世するタイプの公務員の特徴」を踏まえた上で、公務員の出世部署を見ていきたいと思います。

出世部署と言われる代表的な部署が以下の3つです。

  1. 財政課(金)
  2. 人事課(人)
  3. 企画課(方向)

そして、これらの課には

  • 調整力が必要
  • 自分の部署の仕事だけでなく、組織全体の仕事内容を理解する必要がある

という共通点があります。

その他のパターンも含め、それぞれ詳しく見ていきましょう。

財政課

財政課は、組織の「金」を握っている部署。

お金が無限にあるわけではありませんから、限られている中でいかに上手に予算配分をするかが問われます。

もちろん、財政課が一方的に予算を削るわけではないので(そういうときもありますが…)、それぞれの部署の仕事を理解した上で調整を繰り返し、予算配分を決めなければいけません。

当然、予算は担当者だけで決めれませんので、上への説明も必要になってきますから、高いコミュニケーション能力が要求されます。

人事課

財政課が組織の「金」を握っているとすれば、人事課は組織の「人」を握っているといえます。

人事が組織の価値を決めると言っても過言ではないと思っています。

どんな人を採用し、どこに最適な形で配置するか。

各部署の仕事内容だけでなく、職員個々の適性を理解した上で人員を配置しなければいけません。(人事課が実際にできているかどうかは、また別問題です…)

誰を異動させて誰を残すのか。

担当だけで判断はできないため、組織の上層部と調整する必要がある以上、コミュニケーション能力は欠かせません。

企画課

財政が「金」、人事課が「人」なら、企画課は組織の「方向性」を決める課といえます。

財政課・総務課と同じように、方向性を決めるのは担当だけではできません。

組織全体の方向性を決める仕事ですので、部課長だけでなく、市長・副市長等との調整も必要になってきます。

ここでも、組織全体の仕事内容を理解した上で、ヒアリングを行い、調整してまとめる力が要求されます。

その他

その他多い部署として挙げられるのは、

  • 秘書課
  • 外部への出向

といったところでしょうか。

秘書課はいわゆるエライ人と関わることが多いので、コミュニケーション能力の高さが求められます。また、出張に同行しつつ、事務や調整を行わなければいけないのでタフさも必要です。

将来的に出世させたい人(=外部に出しても恥ずかしくない人)を外部組織に出向させ、経験を積ませるというのも聞いたことがあります。

出世するには何が必要?

以上、出世部署と呼ばれる代表的な部署を見てきました。

そもそもなぜ、これらの部署を経験していると出世する確率が高いのでしょうか。

民間企業では、抜群の営業成績(=数字)が出せれば、「異例の大出世」「異例の大抜擢」が起こります。

私ゆーこも民間企業で働いていた経験があるのでよくわかるのですが、「去年まではアイツと同じくらいの給与だったのに、アイツは去年営業成績が全国1位だったから、年収に差が出た」というのが割と頻繁にありました。

今まで泣かず飛ばずだった人が、ある日突然年収がアップすることだってあります。

piyo
公務員は?

公務員の仕事は、皆さんもよくご存じのとおり、数字などで測りにくい仕事です。(その結果、人事評価制度が機能していないのです…)

それでは何を以って「コイツは仕事ができる=出世する」となるのか。

それはずばり、今までの他人からの評価です。

言い換えると、今までどれだけ上司に評価されてきたのか、が能力の判断材料になります。

piyo
良い仕事をしていても、上司に「良い仕事をしている」と認識してもらわないと、評価につながらないってことか。
ゆーこ
コミュニケーション能力が高い人は、それが上手。だからこそ、コミュニケーション能力が高い人が出世するんだろうね。

公務員の出世に資格は影響する?

結論からいうと、「しません」。

あくまで私が働いている自治体の話になるので、そうでない自治体もあるかもしれませんが、○○の資格を持っているから出世する、ということはありません。

ただ、組織内で昇任試験というものがあり、これに合格しないと管理職にはなれない仕組みになっています。

※昇任試験の有無も、自治体によって異なります。

公務員の出世に学歴は関係ある?

私が働く自治体の課長級以上の上司で、高卒の人はいません。

高卒が出世しにくいのか、高卒の割合が少ないのでたまたま大卒者ばかりが管理職になっているのかは、わかりません。

もしかしたら他の自治体では高卒の人が部長クラスまで出世している場合もあるかもしれませんが、レアケースではないでしょうか。

同じ大卒であれば、少なくとも市役所の場合「東大でなければ出世しない」「国立大でなければ出世しない」ということはありません。

私立大でも、無名大学でも出世している部長クラスはいます。

ただ、有名大学出身の部長クラスが多いのも事実です。

やっぱり頭がいい人は仕事ができる人が多い、ってことなのでしょうか。

出世すると損?出世のメリット・デメリット

piyo
公務員って出世するとどうなの?
ゆーこ
下で働いている立場から見てると、デメリットの方が多いんじゃないかな、と思ってるよ
公務員の出世のメリットとして感じるのは、
  • 世間体

が大きいと思います。

公務員の仕事は、「法律の決まりに基づいて」「トップの意向をもとに」「議会の承認を得た上で」する仕事ですので、民間企業に比べると「自分の裁量で仕事ができる」範囲は限られています。

また、民間企業に比べると管理職の給与がずば抜けて高いわけではありません。

その一方でデメリットは、

  • 激務、なのに基本給は同期とあまり変わらない(残業代は全額払われるとは限らない)
  • 定時で帰れない、なのに基本給は同期とあまり変わらない
  • 責任がある、のに基本給は…以下同じ
  • 緊急対応で土日出勤することも多い

主に給与・待遇面ですね。

もちろん、価値観はそれぞれ異なりますので、一概には言えませんが、「出世したくない若手職員」が増えている理由もわかる気がします。