ハヤテノコウジさんの「スケッチジャーナル」のやり方~自分の暮らしにいいね!をするノート~

ハヤテノコウジのスケッチジャーナル

こんにちは、pitsuです。

以前、「スケッチジャーナル」という手帳術を実践している方とお会いしました。

日々の出来事をポジティブに記録する手帳術が、とても魅力的でしたので紹介します。

 

スケッチジャーナルとは?

スケッチジャーナルは、手帳やノートに描く「絵日記」のことです。

SNSでは「手帳スケッチ」「手帳イラスト」なんかのタグで投稿されていることも多いですね。

手書きイラストを用いるだけでなく、コラージュや飾り文字など、いろいろな手法で表現します。

私がお会いした方は、旅の思い出や、子どもの成長記録をスケッチジャーナルにまとめていました。

スケッチジャーナルの効果

ハヤテノコウジさんの著書『スケッチジャーナル 自分の暮らしに「いいね!」する創作ノート』では、スケッチジャーナルの効果が3つ紹介されています。

実は、『スケッチジャーナル 自分の暮らしに「いいね!」する創作ノート』を読んで感銘を受けて、試しに1ヶ月ハヤテノコウジさん流スケッチジャーナルを実践してみたんです。

ここでは、私がスケッチジャーナルに挑戦したことで感じたことも含めて、スケッチジャーナルの効果をご紹介します。

自分が大切にしているものがわかる

スケッチジャーナルには何でも書きます。

  • ペットのこと
  • 外食の記録
  • 読書の記録
  • 趣味のこと
  • 旅行の思い出

日々の記録を、限られたアナログの手帳に描いていきます。

手帳を書く時間もスペースも限られている中で、何を感じたのか、何を残したいと思ったのか

「スケッチジャーナル」を続けていくと、自分は何を大切にしているのかがわかります。

自分の人生にいいね!を押す

スケッチジャーナルは、自分と向き合う手帳術です。

上手に描けただろうか

人に見せれるレベルだろうか

そんなことは考えず、自分の思いつくまま、自由に記録します。

すると、本当に自分の人生に大切なことが見えてきます。

そうやって、自分の人生に「いいね!」という感情を持つことで、自己肯定感が生まれます。

すると、他の人と比較しない自分が生まれます。

誰かと比較するのではなく、自分と向き合うことで、興味関心が広がり、関心が広がることで交友関係も増えていきます。

なんでもないことに幸せを感じる

毎日同じように暮らしている、という方も多いでしょう。

なんてことない毎日でも、継続して記録していくことで、見返したときに新しい発見が生まれるはずです。

こんな人にはちょっと不向きかも

メリットがたくさんあるスケッチジャーナルですが、こんな方には不向きかもしれません。

  • 手帳には未来のことだけ記録したい
  • 絵を描くことが嫌い(人と比べない手帳術なので、上手い下手は関係なしです)

スケッチジャーナルのやり方

用意するもの

スケッチジャーナルで最低限用意するものは紙とペンだけ。

あとは、日々の絵日記を描くマンスリーカレンダーがあればベスト。

なかったら、とりあえず白い紙に線を引いてマンスリーカレンダーを作って、お試ししてみるのがオススメです。

ステップ1:毎日、心に残った出来事を3つ記録する

毎日起きた出来事の中で、できるだけ良い点を短い文章で3つ記録します。

嫌な出来事の中にも、良かった部分はきっとあるはず。

例えば、「理不尽に怒られたけど我慢した」「道を間違えたけど新しい発見があった」とかね

ステップ2:3つの中から1つ、マンスリーにイラストで書き込んでいく

出来事3つの中から、イラストで描けそうなことをひとつ選んで、マンスリーカレンダーのその日の部分を埋めます。

マンスリーカレンダーでスペースが不足する人は、ウィークリーカレンダーを使ってもOK。

毎日描くのが難しかったから、イラスト化するのは週末にまとめてやってたよ

ステップ3:1ヶ月分埋まったら見返してみる

1ヶ月全てがイラストで埋まると、なんだか達成感を感じます。

「いろいろあって面白かったなぁ」「ピンチだったけど、いい経験だった」「食べ物のことが多いな…」

発見することもきっと多いはず。

ポジティブなことを抜き出して書いているから、楽しい1ヶ月の記録です。

応用編:1日1ページや、ジャンルごとの記録に挑戦してみる

余力がある人は、1日1ページの手帳(ほぼ日手帳など)を使ったり、「食事」「読書」「子育て」など、ジャンルごとにノートを分けるのもアリ!

おすすめの道具

ロルバーンダイアリー

「ロルバーンダイアリー」には、

  • マンスリーカレンダー
  • 自由に使えるメモ
  • ショップカードや写真などを保管しておけるポケット
  • 価格も手頃

がついていて、はじめてスケッチジャーナルをはじめる人にはオススメのノートです。

ペン

ステッドラーのピグメントライナー6本セットは、ペン先0.05〜0.8mmの6種類。

描くイラストの細かさによって使い分けたり、線の強弱をつけたりするのに使いやすい。

ぺんてるのマルチ8は、これ1本持っていれば色塗りが簡単にできる。そのほか、クーピーペンシルを使う人も。

参考書籍

本記事の執筆に当たっては、以下の書籍ほかを参考にさせていただきました。

本には、ハヤテノコウジさんのスケッチジャーナルの写真が豊富に掲載されていて、眺めるだけでも楽しい1冊になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

おわりに

スケッチジャーナルの手法について紹介してきました。

ポイントは、

自分が楽しいと思えることを実践し、その記憶を蓄積すること。たとえ楽しい気分になれなくても、起きた出来事をなるべくポジティブに解釈して記録する

どうやったら自分がご機嫌になるのかがわかること

引用:ハヤテノコウジ『スケッチジャーナル 自分の暮らしに「いいね!」する創作ノート』