現役公務員女子が「公務員試験を受ける人」「公務員になったばかりの人」にお伝えする赤裸々ブログ

【要約】4ステップで簡単!『世界一やさしい「やりたいことの見つけ方」』(八木仁平)

こんにちは、現役公務員のゆーこです。

就活や公務員試験の勉強をしていて、必ずぶつかるのが志望動機。

「やりたいことがわからない」

「選択肢が多すぎて何が正解なのかわからない」

そんな人も多いのでは?

今回はそんな方にオススメしたい『世界一やさしい「やりたいことの見つけ方」』をご紹介します。

この本では、自分のことを理解することで、本当にやりたいことが見つかる4ステップを紹介しています。

この本を読めば、自分に合った志望動機ができて、面接や書類でも自信をもって答えられるようになると思うので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

著者 八木仁平さんについて

この本を書かれている八木仁平さんについて、簡単にご紹介します。

高知県生まれ、早稲田大学卒業。

独立したものの、お金以外の働く目的を見失って鬱状態に。

本当にやりたいことを見つけるために、「自己理解」について研究、ブログで発信したところ、ブログのアクセスはうなぎのぼり。

そんなブログで紹介している「自己理解」の方法から特に大切なことを抜粋し、順序立てて紹介しているのが本書です。

公式ウェブサイトでも、自己理解の方法についてたくさん紹介されているので、「いきなり本を買うのはな…」という方はぜひチェックしてみてくださいね。

ゆーこ
それでは早速、やりたいことが見つかる4つのステップをざっくりと解説していきます。

ステップ1:あなたが大切にしていることはなに?

志望動機を考えたり、仕事を選択したりする上で、自分にとって大切なことを考えるのはとても大切。

ゆーこ
ちょっとやりたくない仕事や気が乗らない仕事があっても、それが最終的に大切にしていること(=価値観)に繋がるなら、ちょっとくらい頑張れそうじゃないですか?

反対に、自分の価値観とは真逆の仕事は、生活のための仕事になりがちで、辛いと感じることが多いかもしれません。

大切なことって人によってバラバラ。もちろん正解なんてありません。

じっくり考えてみてくださいね。

この本では、質問に答えて、自分の価値観を整理してみます。

たとえば、こんな質問が用意されています。

  • 尊敬する人やキャラクターは誰?どこを尊敬している?
  • 自分が何を大切にしていそうか、人に聞いてみてください
  • 幼い頃の経験で、1番価値観を変えた経験はなんですか

次に質問に答えを分類して、ランキングにしていきます。

大切にしていることランキングから、仕事の目的を決めていきます

これがステップ1:あなたが大切にしていることはなに?

です。

「どんな質問があるのかもっと知りたい」「具体的な分類方法やランキングの作成方法を知りたい」という方は、ぜひ本を手に取ってみてくださいね。

ステップ2:あなたが得意なことはなに?

せっかく仕事をするなら、自分の得意なこと、自分の土俵で戦いたいですよね。

得意なことって無意識にできたり、長いことできたり…やっていて全然苦痛じゃないですもんね。

反対に短所を改善したり、無くしたりすることって、苦痛だしとっても難しい。

この本では、自分を変えるのではなく「活かす」ことに焦点を当てています。

得意なことを見つける質問は、たとえばこちら。

  • 最近イラッとしたこと、心がザワザワしたのはいつ?
  • 今の仕事をやめてもやり続けたいことはなんですか
  • 人生で成果が出たことと、その方法は?

以上、ステップ2:あなたが得意なことはなに?でした。

ゆーこ
自分の勝ちパターンを見つければ、きっと面接でも堂々とアピールすることができますよ。

ステップ3:あなたが好きなことはなに?

仕事でいい成績をあげたり、本当に頭がいい人って、そもそもその仕事や勉強が好き、という話、よく聞きませんか?

努力をすればある程度は追いつけますが、やっぱり好きでやってる人にはかなわないもの。

だから、仕事を選ぶ上で「何をしているときが楽しいか」「仕事のどんなところが好きか」を考えることも大切です。

好きなものを見つける質問は、

  • お金を払ってでも勉強したいことはありますか?
  • これに出会ってよかったというジャンルはありますか?

など。

「好きなことを仕事にすると大変だよ」という人も良くいますが、それを考えるのは後でもできます。

まずは、改めて自分の好きなことを整理してみるといいと思います。

ここまでがステップ3:あなたが得意なことはなに?でした。

ステップ4:本当にやりたいことはなに?

最後のステップです。

ステップ3までで洗い出したことを振り返ってみてください。

「大切にしていること」×「得意なこと」×「好きなこと」=本当にやりたいことを見つける公式
ステップを踏むことで、自分の中で情報が整理され、本当にやりたいことが少しはっきりしてきたのではないでしょうか。
今まで考えてきたことと一緒だぞ?
という方は、予想が的中していたということになりますね。
ゆーこ
自分の中でしっかり整理できたことで、志望動機もしっかり芯があるものが作れるようになるかと思います。

やりたいこと探しで失敗しやすいこと

やりたいことを探そう!となったときに、失敗しやすいをあげると…

  • やりたいことを見つけるには、「とにかく行動する」
  • やりたいことは、人のためになることでないといけない
  • やりたいことは、一生続けられることでないといけない
  • やりたいことに出会ったら、ビビビっと直感で感じる

公務員や一企業人を志望するからといって、やりたいことが人のためになることでなくてもいいんです。

「世界旅行がしたい」とかでもいいと思う。

公務員になったり、就職したあとに、「やっぱりやりたいことと違ったな」と思ったら、いつでも辞めてもいいと思う。

ゆーこ
ただ、くれぐれも面接でぶっちゃけないように注意してくださいね。

例:公務員を志望した私の場合

わたしは、今のところ公務員は天職だなぁと感じています。

わたしが公務員試験を受けたとき、もちろんこの本は出版されていなかったので、このメソッドは知りませんでした。

ただ、今になって考えると、この本で紹介されている手順に沿って志望動機を考えていました。

その結果、天職と思える仕事を見つけることができたのかもしれません。

たとえば、わたしの場合…

ステップ1:大切にしていること

わたしは民間→公務員への転職組でした。

民間時代は全国転勤が当たり前の会社。

そんな中、公務員に転職したのは、幼い頃からのいろいろな経験から「地元でずっと働きたい」「この地域の魅力をもっとみんなに知ってほしい!」「住む人全員が幸せであってほしい」から。

わたしの中で大切なことは、「地元愛」でした。

ステップ2:得意なこと

転職を考えたときに、自分の得意なことはなんだろう、と改めて自分を見つめ直しました。

というのも、前職は自分の得意分野だとは言えない仕事だったから。

学生時代から、広報や情報発信に携わることが多かったので、そういうことにいつか関われる仕事がいいなと思っていました。

ステップ3:好きなこと

人より飽きっぽくて、集中力もなく、これといった趣味もない…。

そんなわたしですが、旅行や歴史、カメラは好き。

それならお金を払って学んでも惜しくないなと思っています。

ステップ4:本当にやりたいこと

得意なことと好きなことを考えたとき、真っ先に思い浮かんだことが「旅行会社」や「観光協会」。

「旅行会社」はノルマや利益が求められそうだし、「観光協会」は同じような仕事が多くて飽きるかも…

そんな理由から最終的に公務員を選択しました。

【志望動機に】公務員(市役所勤務)の仕事のやりがいと大変なこと

まとめ:4ステップでやりたいことを見つけよう

以上、『世界一やさしい「やりたいことの見つけ方」』を紹介してきました。

本書の内容をグッと凝縮してまとめると、

  • 4ステップで本当にやりたいことが見つかる
  • 「大切にしていること」×「得意なこと」×「好きなこと」=本当にやりたいことを見つける公式

です。

もちろん、この記事でご紹介したのは本書のほんの一部に過ぎません。

「やりたいことがわからない」「選択肢が多すぎて何が正解なのかわからない」「志望動機が書けない」という方は、ぜひ本を読んで、もっと深く自分を見つめなおしてみてくださいね。

\他の公務員のブログを見る/
にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村