現役公務員女子が「公務員試験を受ける人」「公務員になったばかりの人」にお伝えする赤裸々ブログ

公務員ママ、いつから産休をとる?育休中の給料やボーナスはいくらもらえた?

こんにちは、現役公務員ママのゆーこです。

公務員として働く女性や公務員を目指している女性なら、妊娠・出産のことは特に気になる話題のひとつ。

産休・育休中の給料はどうなるの?

どのくらいの期間休めるの?

と、不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、公務員として働く女性が妊娠・出産で休暇を取得することになったときの、期間や給料について解説していきます。

・公務員は産休中に給与を満額受け取れる
・産休中でもボーナスが支給される
・育休中の手当は原則1年(ただし例外あり)
・育休中の手当が出なくなったら配偶者の扶養に入れる

 

【日数】公務員の産休・育休は何日とれる?

男性にはなかなか理解してもらいにくいですが、妊娠しながら働くって結構大変ですよね…。

つわりもあるし、日に日に大きくなるお腹で仕事をしなくちゃいけない。

ゆーこ
望んで妊娠したとはいえ、本音では「できるだけ長く休みたい…」と思う方が多いのではないでしょうか。
それでは早速、公務員の産休・育休の期間について見ていきましょう。

公務員の産休(産前産後休暇)

「産休」は正式には「産前産後休暇」といい、出産前の「産前休暇」と出産後の「産後休暇」を合わせたものです。

公務員が産前休業を取得できるのは、出産予定日の8週間前からです。

一方、民間企業の場合は、「労働基準法」で出産予定日の6週間前から取得できると定められています。

公務員の方が、2週間早く産前休暇に入ることができるということですね。

ただし、産前休暇は「申請することではじめて休暇を取得できる」ものですので、注意が必要です。

また、産前休暇は出産予定日を基準にしていますので、出産日が予定日よりも前後することで、実際の取得期間は8週間より長くなったり短くなったりします。

産後休暇は、公務員の場合でも民間企業の場合でも、出産から8週間までの期間です。

産後休暇は産前休暇とは異なり、取得することが義務付けられています。

公務員の産休(産前産後休暇)は最大16週間(産前休暇最大8週間+産後休暇8週間)
ゆーこ
ちなみに、産休は特別休暇にあたるので、給料が満額支給されます

公務員の育休(育児休業)について

「育休」の正式名称は「育児休業」といい、地方公務員の場合は「地方公務員の育児休業等に関する法律」で定められている制度です。

男性・女性を問わず取得でき、近年取得する男性公務員も増えていますが、数値が伸び悩んでいるのが現状です。

男性公務員の育児休暇については以下の記事でも詳しく解説しています。

公務員(男性)の育休の取得率と、数値が伸び悩む理由とは

育児休業は、「当該子が三歳に達する日まで」=3歳の誕生日の前日まで、最大3年間取得することができます。

多くの方は、産休後そのまま育休に切り替える形で取得をします。

公務員の育休は3歳の誕生日の前日まで取ることができる。ただし、もらえるお金には注意が必要です(下で解説)

実際にどれくらいとった?

わたしの場合は、第一子・第二子ともに、産前8週間+産後8週間=16週間を取得しました。

インターネットに統計は公開されていませんでしたが、わたしの勤めている自治体では9割以上の人が産休を最大日数取得しています。

引継ぎがうまくいかなかった、休暇に入る準備が終わらなかった等で数日程度ずれこんだ方もいました。

産休の計算方法

実際に、いつからいつまで産休がとれるのかの計算ツールとしてオススメなのは、「滋賀大学の産前産後休暇日数計算表」です。

各職場でもエクセルなどで計算ツールが用意されているかと思いますので、出産予定日がわかったら計算しておきましょう。

【給料】公務員の産休・育休、給料はどれくらいもらえる?

「休んでいいよ」と言われても、給料(給与)のことはやっぱり気になるもの。

これから子育てでたくさんお金がかかりますもんね。

そこで、ここからは産休・育休中の給料について、解説していきます。

産休(産前産後休暇)中の給料

先ほどチラッと触れたとおり、産休は特別休暇にあたるので基本給に加え、住宅手当・地域手当等が満額支給されます。

勤務をしているわけではないので、通勤手当・残業手当は支給されません

ただし、産休中は毎月給料から天引きされている公務員共済組合の掛金(健康保険証や年金に関する保険料)が免除になります。

共済組合の掛金は個人差があるものの、毎月数万円単位になるので、免除されるのは大きいですよね。

・基本給に加え、住宅手当等が満額支給される
・通勤手当等の支給はなし
・共済組合の掛金が免除

育休(育児休業)中の給料

育休中の給料は無給、つまり支給されません。

ただし、育休の取得日数に応じて、所属している公務員共済組合から「育児休業手当金」(育児手当)を受け取ることができます。

支給額は以下のとおりです。

  • 育休1日~180日まで:1日につき標準報酬の日額(標準報酬月額の1/22の額。10円未満四捨五入。)の67%の額(円位未満切捨て)が支給
  • 育休181日~365日まで:1日につき標準報酬の日額(標準報酬月額の1/22の額。10円未満四捨五入。)の50%の額(円位未満切捨て)が支給

もちろん、産休(特別休暇)で給与が支給されている間は育児休業手当金を受け取ることができません

つまり、母親が育休を取得する場合は、124日間(=産後180日ー産後休暇56日)約67%の金額が支給され、残りの185日(産後181日~産後365日)に約50%の金額が支給されるということになります。

標準報酬額は、育休をとる前の期間の収入で決まるので、同じ基本給でも、残業が多い人ほど手当を多く貰うことになります。

例えば標準報酬月額が20万円の場合、

  • 出産後~半年:1日につき、6,090円
  • 出産後半年~1年:1日につき、4,545円

2か月に1回支給されます。

例外として、母親・父親がともに育児休業を取得する場合で、一定の条件を満たす場合は、「パパ・ママ育休プラス制度」という制度を利用して子が1歳2か月に達する日まで育児休業手当金を支給できる期間が延長されます。

また、保育所に入所できない場合などは、1歳6か月まで、1歳6か月の時点で特段の事由がある場合は、2歳まで支給期間を延長することができます。

育休中は、産休と同様に、対象の子が3歳に達する日の翌日の属する月の前月まで、申請により掛金・保険料及び前記に相当する額の負担金が免除されます。

この育児休業手当金がもらえるのは、原則1年間なので、もし3年間育休を取得する場合は、残りの2年間は無給となります。

・産後は共済組合から育児休業手当金を2か月に1回受け取れる
・期間は原則1年。ただし、それぞれの事情により、最大で+1年の支給が受けられる
・育休中も掛金等は免除になる

育休2年目以降は配偶者の扶養に入ることができる

公務員が育児休暇を取得できるのは最大3年間、しかし原則2年目以降は手当が支給されません。

piyo
最大3年間とってもいいけど、2年目以降は手当がないから貯金を崩して生活してねってことだね
ゆーこ
それぞれの事情で、2年目以降も育休をとらなくてはいけない人もいるんだよね。ここでは、2年目以降の支出を少しでも抑えるための「配偶者の扶養に入る」という選択肢を紹介するよ。

フルタイム共働きの家庭は、それぞれ税金や健康保険料、年金などの支払いをしているため、扶養のイメージが湧きにくいかもしれません。

一口に扶養と言っても、

  1. 所得税の扶養
  2. 健康保険の扶養
  3. 配偶者扶養手当

の3つがあります。

このうち、「健康保険の扶養」は、配偶者の健康保険組合に扶養家族として入ることができる制度ですが、産休育休中であっても公務員ですので、共済組合を脱退して、配偶者側の健康保険組合に加入することはできませんので、産休・育休中ともに対象外となります。

産休中は給与が満額支給されるため、「所得税の扶養」「配偶者扶養手当」の適用はできません。

それでは育休中はどうでしょうか。

育休1年目は手当が支給されますが、2年目からは多くの方は手当が支給されなくなりますので、配偶者の扶養に入ることができるようになります。

  • 所得税の扶養:年収201万円以内の場合、配偶者の年末調整等で配偶者控除を受けられる
  • 配偶者扶養手当:配偶者が扶養家族として職場に申告することで、配偶者の勤務先から配偶者扶養手当を受けることができる(支給額や扶養の認定年収については、配偶者の勤務先の規定による)
・「健康保険の扶養」は関係ない
・手当が支給されない期間は、配偶者の年末調整等で配偶者控除を受けられる(「所得税の扶養」)
・「配偶者扶養手当」は、配偶者の勤務先の規定を要チェック

育休・産休中の保険や年金はどうなる?

育休中は共済組合の健康保険や年金にまつわる掛金が免除される、というお話をしました。

もちろん掛金が免除されるだけで、健康保険は今までどおり使えます。

また、年金についても加入期間として加算されます。

つまり、掛金の免除期間があっても、デメリットは一切ありません

ちなみに、この免除ですが、申請しないと適用されませんのでご注意ください。

実際にいくらもらえた?

産休に入る前、それほど残業がない部署に所属していた私。そのときの通勤手当は月5,000円程度、残業手当も少額。

産休の間は通勤手当や残業手当が支払われませんが、給与自体は満額支給され、掛金も免除されるため、手取りはむしろ少し増えました。

出産後、半年間は67%(以降は50%)の手当+社会保険料免除なので、半年間は今までの8割くらいの収入がありました。

ゆーこ
奥さんが出産で仕事を休んで家計が火の車、という話をよく聞いていたので、正直不安だったのですが、「思ったよりもらえるな」という印象です。

産休・育休中にもらえるその他のお金

ここまで産休・育休中にもらえる給料を解説してきました。

思ったよりもらえるな、と感じた方も多いのではないでしょうか。

でもやっぱり、年に2回のボーナス(期末手当・勤勉手当)はもらえるのかは気になりますよね。

ここからは、産休・育休中のボーナス、出産にまつわるそのほかの支給について解説していきます。

産休中のボーナス

産休中は給与が満額支給されるとお話しました。

産休中にボーナスの支給があった場合には、満額支給されます。

公務員のボーナスは基準日(6月1日、12月1日)以前の6ヶ月間の勤務状況に基づいて計算されます。

その間の欠勤日数が通算30日以内であれば、ボーナス査定には影響しません。

産休は勤務日扱いになるので、ボーナスにも影響が出ないのです。

育休中のボーナス

それでは、育休中のボーナスはどうなるのでしょうか。

先ほどお話したとおり、ボーナス基準日以前6か月間の勤務実績がないと、ボーナスは満額支給されません。

つまり育休に入って、最初のボーナスはもらえますが、次のボーナスはもらうことができないことになります。

また、復帰後の最初のボーナスは減額されることになります。

公務員のボーナスの計算方法については、下記の記事で詳しく解説しています。

公務員のボーナスはいつ?支給日と計算方法、新卒の場合についても解説

出産にまつわるその他の支給

ここまで、公務員の産休・育休中の給料やボーナスについて見てきました。

その他にも、出産にまつわるお金として「出産育児一時金」「出産附加金」「出産祝い金」を受け取ることができます。

それらのお金のことや、公務員の妊娠~出産までにかかるお金については下記の記事で詳しく解説しています。

公務員の出産手当金などのお金。いくらかかって、いくらもらえる?【随時更新中】

また、部分休業を取りながら復帰した場合にもらえる給料については、下記の記事で解説していますので、部分休業を取得しながら復帰する予定の方はぜひチェックしてみてくださいね。

【給与(給料)公開】育児部分休業の公務員はいくらもらえるのか?

\他の公務員のブログを見る/
にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村