「今よりちょっとだけいい暮らし」をテーマにお届けしています。

【Amazonもお得】ポイントサイト一括まとめサイトで効率的に稼ぐ

ポイントサイトをもっとお得に利用したい!

この記事は、そんな悩みを持つ方にオススメな、ポイントサイトのポイントを一括でまとめられる便利なサービスを紹介します。

・ポイントサイトをもっとお得に利用したい
・ポイントサイトごとにポイントがあって、管理が面倒になってきた
・「ECナビ」「アメフリ」「ライフメディア」を使っている
・Amazonギフトにお得に交換したい
この記事の結論

ポイントの有効期限や、交換先の豊富さを重視するなら「Pex」。

換金手数料無料や、iTunesギフトカードへの交換を重視するなら「ドットマネー」。

 

ポイントサイトのポイントを一括で管理するってどういうこと?

いろんなポイントサイトを使って日々コツコツとポイントを貯めていると、「合計額はかなりあるのに、ひとつひとつのポイントサイトで考えると少しずつしか貯まっていない」「使っているポイントサイトの換金先に希望のものがない、または手数料がかかる」「換金手数料を節約するために、たくさん貯めて一気に換金しようと思っていたら、そのまま有効期限を迎えてしまった」なんてことはありませんか?

そんなときに活躍するのが、ポイント一括まとめサイト。

いろいろなポイントサイトで付与されるの別々のポイントを、まとめてから現金や電子通貨などに交換できるサイトです。

ここで紹介するポイント一括まとめサイトを使えば、せっかく貯めたポイントを無駄にせずに、1つのポイントにまとめることができます。

また、ポイントサイトから直接換金するより、ここでご紹介するポイント一括まとめサイトを経由してポイント交換した方がお得になる場合も多いので、登録しておくと便利ですよ。

今回は、「ポイントサイトを使うならここに登録しておけば間違いない」ポイント一括まとめサイトを厳選して2つご紹介します。

対応するポイントサイトの多さが魅力「Pex」

日本最大級のポイント一括まとめサイト、「Pex」。

日本で一番交換に対応しているサイトやサービスが多く、対応しているポイントサイトなどは50以上

ポイント交換先も30種類以上と豊富です。

運営会社も健全で、文句のつけどころがないサイトです。

ポイントサイトだけでなく、アンケートサイトやアフィリエイトのポイントも一括でまとめられるのが魅力のサイトです。

ポイントの交換レートは10ポイント=1円なので、ちょっと注意が必要ですが、ポイントサイトで慣れている人はたぶん大丈夫。

「Pex」自体にもポイントサイトのように、ポイントがもらえるアンケ―トなどの案件がありますが、還元率は「Hapitas(ハピタス)」や「moppy(モッピー)」などのポイントサイトの方が高め。

そのため、「Pex」はあくまでポイントの一括管理だけを目的に利用することをオススメします。

ポイントの有効期限は1年と長めに設定されていて、1年に1回ログインするだけでOK。

「ECナビ」に登録している人は、ポイント交換に必須のサービスなので、必ず登録しておきましょう。

Pex公式サイトはこちら

Pexが対応しているポイントサイト

「Pex」ではポイントサイトだけでなく、アンケートやモニター、アフィリエイトなど様々なポイントをまとめて管理することができるのですが、対応しているサイトは50以上。

長くなってしまうので、「ママ・主婦だって副業でお小遣いを稼ぎたい!オススメのポイ活10選」で紹介しているポイントサイトが対応しているかどうか、その他オススメのアンケートサイトなどの対応状況についてまとめてみました。

ポイントサイト 対応 交換レート 手数料
moppy(モッピー) あり 500P→5,000P 無料
ハピタス あり 300P→3,000P 無料
PointIncome(ポイントインカム) あり 5,000P→5,000P 無料
ECナビ あり 3,000P→3,000P 無料
ライフメディア あり 500P→5,100P 無料
GetMoney!(ゲットマネー) あり 5,000P→5,000P 無料
warau(ワラウ) あり 5,000P→5,000P 無料
ちょびリッチ あり 1,000P→5,000P 無料
colleee(コリー) なし
アメフリ あり 5,000P→5,080P 無料
アンケートサイト 対応 交換レート 手数料
マクロミル あり 500P→5,000P 無料
キューモニター あり 50P→500P 無料
infoQ あり 1,000P→10,000P 無料

有名なポイントサイトやアンケートサイトは、ほとんどが対応。

「アメフリ」や「ライフメディア」を利用している場合は、ちょっとお得です。

「colleee(コリー)」は対応していませんが、この次にご紹介する「ドットマネー」が対応しています。

交換手数料が無料なのもありがたいですね。

Pexで利用できるポイント交換先

Pexで貯まったポイントを交換できるサービスも30以上。

ここでは代表的なものだけご紹介します。

交換先 最低PeXポイント 最低額 手数料
Amazonギフト券 990 100円 無料
nissen 5000 550円 無料
Vプリカ 5000 500円 100円
WebMoney 5000 500円 50円
nanaco 1000 100円 50円
スターフライヤー 2000 100マイル 50円
ANAマイレージ 3500 100マイル 150円相当
Tポイント 1000 100円 50円
ゆうちょ銀行 5000 500円 50円
ジャパンネット銀行 5000 500円 100円
その他銀行 5000 500円 200円
ビットコイン 1000 時価 無料

必ずしも「10ポイント=1円」のレートで交換できるわけではないので、注意が必要です。

たとえば、Amazonギフト券の場合990ポイント(99円分)で100円のギフト券と交換できますが、マイルの場合はちょっと目減りします。

現金に交換する場合は、銀行口座へ振り込みです。

「楽天銀行」「ゆうちょ銀行」「みずほ銀行」は、手数料が50円と安いのでオススメです。

次に安いのはジャパンネット銀行で手数料100円。

それ以外の銀行は手数料200円で少し割高です。

ゆうこ
現金に交換したい方は、次でご紹介する「ドットマネー」も検討してみてください。

Pexの運営会社、安全性・危険性は?

ここで、「Pex」の安全性について気になる方もいるかと思いますので、運営会社や安全性などについて見ていきましょう。

運営会社 株式会社VOYAGE MARKETING

「Pex」を運営している株式会社VOYAGE MARKETINGは、ポイントサイト「ECナビ」を15年以上運営している実績のある会社です。

上場しているだけでなく、プライバシーマークを取得しているので、安心して利用できると言えるでしょう。

ちなみに、「ECナビ」は日本インターネットポイント協議会にも加入している、業界トップクラスの安全性を誇るポイントサイトです。

超大手運営だから安心して利用できる「ドットマネー」

ネット関連大手企業のサイバーエージェントが運営しているポイントサイト、「.money(ドットマネー)」

Amebaブログを運営している会社です、というとわかりやすいでしょうか。

「Pex」の方が対応サイトが多いなど、ちょっと劣る部分もありますが、Amebaのサービスと提携していて、たとえばAmebaブログでランキング上位に入ったり、Amebaゲームを利用すると効率的にポイントが貯められます。

また、換金手数料が完全無料なので、「現金と交換したい」という方には非常にオススメできるサイトです。

ポイントの交換レートも1ポイント=1マネー=1円とわかりやすい設計になっています。

ただし、ドットマネーは有効期限が短いので注意してください。

マネーは通常有効期限が6ヶ月間ですが、キャンペーンなどで付与されたポイントについては、付与された月の月末まで。

ゆうこ
換金手数料が完全無料なので、最低換金額を超えたらじゃんじゃん交換していきましょう。

まずは「Pex」に登録しておけば十分かと思いますが、Amebaサービスをよく利用している方は選択肢として持っていてもいいのかなと思います。

.money(ドットマネー)公式サイトはこちら

ドットマネーが対応しているポイントサイト

Pexと同様に、「.money(ドットマネー)」のポイントサイトの対応状況を見てみましょう。

ポイントサイト 対応 交換レート 手数料
moppy(モッピー) あり 500P→500マネー 無料
ハピタス あり 300P→300マネー 無料
PointIncome(ポイントインカム) あり 5,000P→500マネー 無料
ECナビ なし
ライフメディア あり 500P→500マネー 無料
GetMoney!(ゲットマネー) あり 5,000P→500マネー 無料
warau(ワラウ) あり 5,000P→500マネー 無料
ちょびリッチ あり 1,000P→500マネー 無料
colleee(コリー) あり 3,000P→300マネー 無料
アメフリ あり 5,000P→505マネー 無料
アンケートサイト 対応 交換レート 手数料
マクロミル なし
キューモニター あり 50P→50マネー 無料
infoQ あり 500P→500マネー 無料

大手ポイントサイトはほとんどが対応。

「アメフリ」を利用している場合は、ちょっとお得。

「Pex」が対応していなかった「colleee(コリー)」に対応しています。

一方「ECナビ」には非対応。「Pex」と「ECナビ」の運営会社が同じなので、当たり前と言えば当たり前ですね。

ドットマネーで利用できるポイント交換先

交換先 最低マネー 最低額 手数料
Amazonギフト券 297 300円 無料
楽天Edy 1,000 1,000円
iTunesギフトカード 490 500円
Pontaポイント 300 300ポイント
nanaco 300 300ポイント
Tポイント 1000 1000ポイント
楽天銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行など 1000 1000円
その他銀行 2000 2000円

最低交換額は若干高めの設定ですが、交換手数料が完全無料なのが魅力的。

たとえば、moppy(モッピー)のように、現金交換に手数料がかかるポイントサイトを利用していても、一度ドットマネーに換金してから現金化すると、手数料無料で現金化できてしまうんです。

また、Amazonギフト券やiTunesギフトカードにはちょっとお得に交換できます。

piyo
特に、Amazonギフト券が常に2%引きで購入できるのは、Amazonでの買い物が実質2%引きになるということですから、嬉しいですよね。

「できるだけ早く最低換金額に到達したい」という方は、ママ・主婦だって副業でお小遣いを稼ぎたい!オススメのポイ活10選の記事を参考に、新しいポイントサイトに登録するのもアリです。

ドットマネーの運営会社、安全性・危険性は?

あまりにも有名な企業なので、今さら検証する必要もないかもしれませんが、念のため「.money(ドットマネー)」の運営会社や安全性などについて見ていきましょう。

運営会社 株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェントは、「メディア事業」「インターネット広告事業」「ゲーム事業」などを多く手がける、業界大手企業。

「プライバシーマーク」は取得していませんが、もちろんSSLに対応していて、個人情報は暗号化してやりとりがされるので、安心して利用できるといえるでしょう。

ポイント一括まとめサイトのメリット・デメリット

ここまで、ポイント一括まとめサイトのメリット・デメリットを紹介してきましたので、ここでメリット・デメリットについて考えていきたいと思います。

デメリット

  • 会員登録が必要

デメリットとして唯一思い浮かぶのが、会員登録が必要という点。

会員登録やID・パスワードの管理が面倒、という方には少しハードルが高いかもしれません。

メリット

  • バラバラのポイントを貯めて、大きい金額で交換できる
  • 各ポイントサイトの有効期限を気にせず使える
  • 各ポイントサイトで対応していない換金先や、手数料がかかる換金先にお得に換金できる

ポイント一括まとめサイト最大のメリットは、「各ポイントサイトで対応していない換金先や、手数料がかかる換金先にお得に換金できる」こと。

たとえば、「Hapitas(ハピタス)」から直接Tポイントに換金することはできませんが、ポイント一括まとめサイトを使えばそれが可能です。

また、moppy(モッピー)のように、現金交換に手数料がかかるポイントサイトを利用していても、一度ドットマネーに換金することで、手数料無料で現金化が可能。

「Pex」はポイントの有効期限が1年と長いので、ポイントサイトの有効期限を気にせず使えるのも嬉しいですね。

まとめ

ここまで、ポイント一括まとめサイトの「Pex」と「ドットマネー」をご紹介してきました。

まとめると、以下のとおりです。

  • ポイントの有効期限や、交換先の豊富さを重視するなら「Pex」。
  • 換金手数料無料や、iTunesギフトカードへの交換を重視するなら「ドットマネー」。

自分に合うポイント一括管理サイトを利用して、ポイントサイトを効率的に利用しましょう。