【2022年1月29日】王様のブランチで紹介した本とブックランキング

NO IMAGE

王様のブランチは、TBSで毎週土曜日9時30分~14時に放送される人気の情報番組です。

シオン
書評媒体で影響力があると言われている「王様のブランチ」。見逃せませんね。
今回は、放送を見逃した方向けに、王様のブランチで紹介された本とブックランキングを紹介します。
※過去にブックコーナーで紹介された本は、「2022年「王様のブランチ」ブックコーナーで紹介された本一覧」で紹介しています。

2022年1月29日「王様のブランチ」のブックコーナー

ブックコーナーでは、ゲストに村田沙耶香さんを迎え、大友花恋さんとの対談企画が放送されました。

村田さんは、エッセイと書評集が文庫化されたばかりの芥川賞作家。

2016年に芥川賞を受賞した「コンビニ人間」は139万部を突破。さらに世界30カ国以上で翻訳、出版されています。

日本のみならず世界からも愛されている村田さんは既存の価値観を揺さぶる作品を数多く生み出している。

多くの村田作品を読んできた花恋ちゃんが、ご本人と語りたい恋した一冊は「殺人出産」。2014年に発表された衝撃作です。

人口の減少が進む日本で恋愛や結婚とは別に、命を生み出す「殺人出産」システムが採用されたストーリー。

殺人出産とは、「産み人」が人工授精で子どもを10人産んだら1人殺してもいいシステム。

花恋ちゃんは「読み終わる頃には、この世界の住人としてこういう世の中の方が正しいのかもしれないとちょっとだけ思った自分もいて、その設定が思い浮かんだ背景は?」と質問。

これに、村田さんは「いつも想像していることなんですけど、1000年ぐらい絶滅しないようにしてくださいって言われた時に今は家族システムとか恋愛システムがメインかなと思っていて、そうじゃない仕組みで人間が繁殖していくことを想像することが結構あった」などとコメントした。

村田沙耶香の「となりの脳世界」を読んだ大友は好きなページに付箋を貼っていたらいっぱいになってしまい、選抜してきたという。

好きだと話した「こそそめスープ」の話は、村田氏の思い込みから始まるエッセイ。コンソメをコソソメと思っていたという話。

このエッセイを読んだ編集者が、これこそがこそそめスープだというスープを作りますと言い、数日後これはこそそめスープですねなどと言いながら周りと食べ、思い出深く書いてよかったと思っているエッセイだと話した。

巻末にはこのエッセイ集について矢部太郎が漫画で解説を寄せている。大友は、前回会った時は緊張で思いを伝えられなかったが、今回は書評集とエッセイを読んでから行けたので輪郭が見え思いを話せたと話した。

2022年1月29日のブックランキング

今週のBOOKランキング「総合ランキング TOP10」はこちらです。

1位:永山瑛太『永山瑛太、写真』

第1位は、永山瑛太『永山瑛太、写真』でした。

菅田将暉さんをはじめ、様々な分野で活躍している人達を永山さん自らキャスティング。

さらに、ロケハン・撮影も全て1人で行い制作された写真集。普段あまり見られない45人の表情が収められている。

2位以下のランキングはこちら

第2位は小林真純の「ほっトレ ネガティブも、ツライ現実も大チェンジ」。人は1日に約6万回も考え事をするといい、そのうち80%以上がネガティブなことだという。最悪な状況から抜け出す方法が可愛らしいイラスト共に解説されている。

第3位は冬矢冴「鈍色の奴等」。教育虐待や恋人からのDVなど残酷な運命に翻弄される女性を描いた本格社会派小説だ。

第4位は「SNSでお金を稼ぐ! 『好き』を『お金』に変える教科書」。世界のSNS利用者40億人と言われる現在、SNSを使いスキマ時間に月10万円を稼ぐ方法など、個人の力で稼ぐノウハウを教える。

第5位は今野敏の「探花 隠蔽捜査9」。シリーズ累計300万部突破の人気警察小説シリーズ「隠蔽捜査シリーズ」の第9巻。警察官僚を主人公にした異色の物語。

6位と7位には先週発表された直木賞受賞作がランクイン。

2位 ほっトレ ネガティブも、ツライ現実も大チェンジ
小林真純/WAVE出版
3位 鈍色の奴等
冬矢 冴/幻冬舎メディアコンサルティング
4位 SNSでお金を稼ぐ!「好き」を「お金」に変える教科書
喜多野 修次/総合法令出版
5位 探花 -隠蔽捜査9-
今野敏/新潮社
6位 黒牢城
米澤穂信/KADOKAWA
7位 塞王の楯
今村翔吾/集英社
8位 今日の治療薬2022 解説と便覧
編集:島田和幸・川合眞一・伊豆津宏二・今井靖/南江堂
9位 ジェイソン流お金の増やし方
厚切りジェイソン/ぴあ
10位 神モチベーション 「やる気」しだいで人生は思い通り
星渉/SBクリエイティブ

<先週の王様のブランチ