王様のブランチで紹介された本と2021年11月27日のブックランキング【あらすじも】

2021年王様のブランチで紹介された本一覧

王様のブランチは、TBSで毎週土曜日9時30分~14時に放送される人気の情報番組です。

シオン
書評媒体で影響力があると言われている「王様のブランチ」。見逃せませんね。
今回は、放送を見逃した方向けに、王様のブランチで紹介された本とブックランキングを紹介します。
※過去にブックコーナーで紹介された本は、「2021年「王様のブランチ」ブックコーナーで紹介された本一覧」で紹介しています。

 

2021年11月27日「王様のブランチ」のブックコーナー

ブックコーナーでは、原田愛『別れない理由』、早見和真『笑うマトリョーシカ』が紹介されました。

『別れない理由』では過去3回に及ぶ、夫・原田龍二さんの過ちを克明に明かし家族会議の様子まで赤裸々に綴っています。

感想を聞かれ龍二さんは目頭が熱くなったと話されていました。

夫婦円満のヒントが満載の1冊です。

2019年週刊文春が報じた夫・原田龍二の不倫騒動に際して「原田、アウト」の名言をはなった妻の原田愛さん。実は前科が2回あったと本書では告白しています。合計3回も浮気サレ妻の愛さんはそれでも原田龍二さんのことをパパと呼んで愛し、離れないのかを書き綴っています。芸能界でも夫の不倫騒動とともに多くの有名人カップルが離婚し大きなニュースになっています。そんな中、別れない選択をした愛さんの話には、「夫婦とは何か?」「結婚とは何か?」を考えるヒントがいくつもちりばめられています。

早見和真さんは、デビュー以来、ジャンルにとらわれず幅広いテーマに挑戦されています。

妻夫木聡さんで実写映画化した『ぼくたちの家族』では、母の病をきっかけに大成する家族を描きました。

さらに、書店を舞台にしたコミカルな作品『店長がバカすぎて』や『イノセント・デイズ』など、毎回まったく違うジャンルの作品を発表しています。

最新作の『笑うマトリョーシカ』では、若き政治家の仮面の裏側に隠された闇を描いています。

親しい人だけでなく、この国さえも操ろうとした、愚か者がいた。

四国・松山の名門高校に通う二人の青年の「友情と裏切り」の物語。
27歳の若さで代議士となった男は、周囲を魅了する輝きを放っていた。秘書となったもう一人の男は、彼を若き官房長官へと押し上げた。総理への階段を駆け上がるカリスマ政治家。
「この男が、もしも誰かの操り人形だったら?」
最初のインタビューでそう感じた女性記者は、隠された過去に迫る。

『イノセント・デイズ』の衝撃を越える、そして、『店長がバカすぎて』とも全然違う、異色の不条理小説が誕生。

2021年11月27日のブックランキング

今週のBOOKランキング「文芸ランキング TOP10」はこちらです。

1位:逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』

第1位は、逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』。

物語の舞台は第二次世界大戦中。
ドイツとソ連の争いが激化する最中、モスクワ近郊の農村がドイツ軍に襲われ、村人たちは皆殺しに。
そんな中、唯一生き残った少女・セラフィマは復讐を果たすべく、軍の狙撃兵になると決意した…。
1942年、独ソ戦のさなか、モスクワ近郊の村に住む狩りの名手セラフィマの暮らしは、ドイツ軍の襲撃により突如奪われる。母を殺され、復讐を誓った彼女は、女性狙撃小隊の一員となりスターリングラードの前線へ──。第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作。

2位以下のランキングはこちら

2位は、朝比奈あすか『翼の翼』。

中学受験をテーマにした小説で、受験戦争で豹変していく円佳の姿がリアルすぎると、子どもを持つ親世代を中心に反響を読んでいます。

5位は柿沼洋平『古代中国の24時間 秦漢時代の衣食住から性愛まで』。

本作は2000年前の中国の日常を紹介した1冊で、服装や食事のことはもちろん、恋はナンパで始まる!?といった恋愛事情など知られざる古代人の姿が面白いと話題になっています。

7位は工藤ノリコ『ノラネコぐんだん ラーメンやさん』。

「ノラネコぐんだん」シリーズは食いしん坊で好奇心旺盛なネコたちがパン工場やお寿司屋さんに忍び込んで毎回、騒動をおこす人気の絵本です。

2位 翼の翼
朝比奈あすか/光文社
3位 誰でも確実に美文字になる るいとも練習法
川南富美恵/草思社
4位 ネイティブなら12歳までに覚える 80パターンで英語が止まらない!
塚本亮/高橋書店
5位 古代中国の24時間 秦漢時代の衣食住から性愛まで
柿沼陽平/中央公論新社
6位 最強脳 —『スマホ脳』ハンセン先生の特別授業—
アンデシュ・ハンセン(著)、久山葉子(訳)/新潮社
7位 ノラネコぐんだん ラーメンやさん
工藤ノリコ/白泉社
8位 老人支配国家 日本の危機
エマニュエル・トッド/文藝春秋
9位 残照の頂 続・山女日記
湊かなえ/幻冬舎
10位 1分ヘア革命 読むだけで髪の悩みが消える本
AYAMAR(柴田 紋奈)/ KADOKAWA

 

先週の王様のブランチ

次の週の王様のブランチ

 

シオン
わたしは年間400冊を超える本を読んでいますが、実は本にかかるお金はそんなに高くありません

1番の理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

もちろん図書館や新刊書店もたくさん利用しますが、予約順や価格を気にせず、新しい本を読みたいときに読めるのは定額制の良いところだなと思っています。

最近はいろいろな本の読み放題サービスが増えてきていますが、一番使えるのはやっぱりAmazonのAmazon Kindle Unlimited(アマゾン・キンドル・アンリミテッド)。

月額980円で200万冊以上の本が読み放題で、定額サービスの中で1番の品揃えです。

小説はもちろん、ビジネス書や雑誌、コミックも読み放題。

シオン
月に2~3冊は本を読むという人は、1つだけ加入するとしたらKindle Unlimitedがおすすめです。

ちなみに、はじめての人は30日間無料でお試しができる(途中解約可。期限内に解約すれば、料金は一切かかりません。)ので、ぜひ読み放題サービスを利用してみてくださいね。

\ 30日以内に解約すれば0円 /