「今よりちょっとだけいい暮らし」をテーマにお届けしています。

【口コミ・実体験レポ】産前に桶谷式母乳相談室に行ってみた。料金は?内容は?

今回は、1人目の育児で母乳が出ずに苦労した私が、2人目を出産する前に桶谷相談室に通った経験をつづった記事です。

・一人目はミルクだったけど、二人目は母乳で育てたい
・母乳が出るか不安
・桶谷式母乳相談室が気になる

そんな悩みを抱える、すべてのママに向けて書きましたので、母乳育児の悩み解消に役立ててくださいね♪

【この記事の結論】
・桶谷式の費用は、意外と安い
・「この人に相談すればいい!」という人に出会えるだけで不安感がなくなる
・自分で桶谷式をやるなら、『桶谷式母乳ですくすく育てる本』がオススメ

 

桶谷式とは

「桶谷式」ってよく聞くけど、どんな相談室なの?
と疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。
桶谷式母乳育児は、「お母さんの乳房の調子や体調が良好であること、つまり心身ともに健康であることが、その母乳を飲む赤ちゃんの健康や順調な発育につながる」という「母子一体性の原理」を大切にしています。(公益社団法人桶谷式母乳育児推進協会より)
ゆーこ
赤ちゃんの健康のために、おっぱいや体調を健康に保とう、ってことだね
そんな、桶谷式母乳育児推進協会の認定を受けた母乳相談室(助産院)は全国に約330施設
・母乳が足りない(足りない気がする)
・赤ちゃんが上手に飲めない
・おっぱいが腫れて痛い
・断乳(卒乳)したい
など、様々な母乳やおっぱいの悩みの相談窓口です。

第一印象は最悪

ゆーこ
ここまで「桶谷式」について簡単に書いてきましたが、皆さんの印象はどうですか?
わたしは、「厳しそう…できなかったら怒られたりしないかな」「何か勧誘されたり売られたりするのでは…?」「ちょっと宗教みたい」というのが第一印象でした。
第一印象は最悪でしたね。

出産前に桶谷式母乳相談室に行ってみた

それでも、周りの多くのママに桶谷式を薦められたので、時間的余裕がある出産前に、思いきって行ってみることに。

近くの母乳相談室は「OPPA!(おっぱ)」から検索できます。

費用は?

気になる費用は2,000円。

ゆーこ
意外と安くて安心しました。1万円くらいだったらどうしようかと…。

内容は?

わたしが桶谷式母乳相談室にはじめて行ったのは、まだ出産前。

そのため、できる内容は限られていて、以下のような感じ。

  • 乳頭の状態のチェック
  • 乳頭の状態に合わせた赤ちゃんの抱き方のアドバイス
  • 出産直後~退院までにやっておいてほしいこと
  • 退院後に相談室に来るタイミング
  • 母乳育児について不安なことを相談
ゆーこ
出産前に無理して通うことはないそうですが、「困ったことがあったらこの人に相談すればいい」と思えたのは大きかったです。
第一印象ともだいぶ異なりました。
・相談室はアットホームで、先生はとっても優しい
・何か勧誘されたり売られたりすることはなかった

出産後はすぐに相談室に行く予定なのですが、タオルやほ乳瓶は、相談室でも売っているので、病院から直行するのがおすすめとのことでした。

でもほ乳瓶はネットで買っておいた方が安いので、余裕があれば準備しておくといいですね。

桶谷式の口コミは…?

他のママが桶谷式に通ってみて、どう感じているか、twitterで探してみました。

おっぱいがガチガチに張ってしまってマッサージを受けて解消したママ、相談に行くことで自信が持てたというママなど、「母乳育児で困ったときの駆け込み寺」として皆さんも使われていますね。

桶谷式 自宅でやるならコレ!オススメの本

興味を持っても、相談室が遠かったり、忙しかったり、体調が優れなかったり…なかなか行けないというママも多いですよね。

実際にわたしも、一人目の時は

ゆーこ
お金と時間をかけて結局母乳が出なかったら嫌だしな~
と思って、ひとりで母乳育児を頑張った結果、正解がわからなくなってきて、不安とプレッシャーで産後うつになりました…。

今回、出産前に桶谷式母乳相談室を利用して、オススメされたのがこの本。

赤ちゃんの上手な抱き方や飲ませ方だけでなく、乳腺炎などのおっぱいのトラブルや、陥没乳首・扁平乳頭の場合の対応方法、赤ちゃんの成長に合わせた母乳育児のポイントなど、「とりあえず一冊手元に置いておけば、安心して母乳育児ができる」本です。
ゆーこ
インターネットには、誰が書いたかわからない情報がたくさん溢れているので、見れば見るほど不安になる中、この本は我が家の母乳育児のバイブルとして活躍しました。
ぜひ時間があるときに、ちょくちょく読んでみてくださいね。