【決定版】妊婦さん(切迫早産からつわり・臨月まで)の暇つぶしとお小遣い稼ぎ33選

  • 2021年6月25日
  • 2021年9月16日
  • 子育て

この記事では、切迫早産から臨月まで、すべての妊婦さんにオススメの暇つぶし方法を徹底的に紹介します。

・つわりで体調が悪くて動けない
・寝てばかりじゃつまらないから、何か暇つぶしにいいものはある?
・今までバリバリ仕事をしていたから、休みに入ってやることがない
そんなすべてのママに、自由な時間を有意義に使える暇つぶし方法を集めました!
有意義なマタニティライフを楽しんでくださいね!

赤ちゃんのためにできること

母乳育児について勉強する

「母乳育児について不安があるママ」や「一人目のときに母乳育児が軌道に乗らず悩んだママ」は、出産前に母乳育児について相談や勉強をしておくと、出産後余裕を持って母乳育児がはじめられますよ。

母乳相談というと「桶谷式」が有名ですが、その他にも様々な教室があります。

「自宅で自分でやりたい!」というママには、『桶谷式 母乳ですくすく育てる本』などの本もオススメです。

写真の整理

赤ちゃんの写真はどう管理するか決めてありますか??

赤ちゃんが生まれたその日から、信じられないくらい写真の撮影枚数が増えます。

結婚式や新婚旅行の写真、エコー写真の整理ができていないママは、ぜひ時間がある今のうちに写真の整理をはじめておきましょう。

「みてね」や「ALBUS」などのアプリが好評ですが、地味~に毎月費用がかかるのと、保育園や祖父母にもらうL版写真の管理に困ったので、今は1枚8円の「しまうまプリント」でまとめて印刷して、大容量のアルバムに収納しています。

もうすでにたくさんの写真があって、整理で悩んでいるママには、写真を日付順にインデックスのように並べてくれる「オートアルバム」がオススメです。

時間がかかってもいいから、もっとこだわりのものを作りたい!という人は、パソコンのソフトを使って、レイアウトや切り抜きなど自由に編集できる「Photoback」や「カメラのキタムラのフォトブック」に挑戦してみるのもオススメです。

無料ベビー撮影会に申し込む

「赤ちゃんのベストショットを残したい!」というママにオススメなのが、「Famm」のベビー撮影会。

なんと、プロに写真を撮ってもらえて、10カット以上のデータがもらえるのに、無料なんです…!しかも教育資金や学資保険、老後資金について相談できるのに、商品の勧誘はなし。

「かわいい赤ちゃんの写真を残したいけど、3~5万円かかる写真スタジオにはなかなか行けない」

「赤ちゃんの成長を素敵に残したい」

「親子で記念の写真を撮りたい」

という方にオススメです。

胎教

せっかく時間があるので、赤ちゃんと一緒にリラックスしながら時間を潰す「胎教」もオススメ。

赤ちゃんの聴覚は、だいたい妊娠5ヶ月ごろから発達してきます。

気軽にチャレンジできるのはやっぱり音楽を聴くこと。

一般的に「胎教にはモーツアルトがいい」なんて言われていますが、聴く曲はなんでも大丈夫。

ママがリラックスできる音楽を選びましょう。

わたしは、生まれてからも一緒に楽しめるように、童謡のCDを購入して、家事をしながら口ずさんでいました。

音楽を聴きながら家事や胎教、子育てがしたいというママには、1ヶ月無料で音楽が楽しめる「Amazon Music」もいいかも。
アンパンマンやジブリ、ディズニーの曲も豊富ですよ。

幼児教育について調べてみる

ゆーこ
毎月お金がかかるし、しまじろう(こどもちゃれんじ)なんて我が家はやらないよ…
なんて思っててごめーん!と言いたいほど、子どもが生まれてから、「しまじろう」にはたくさんお世話になっています。
中でもお気に入りなのが、必ずもらえる「しまじろうパペット」。
しまじろうパペットを使うと、パパも照れずに子どもたちとお人形遊びができるみたい。
下のリンクから資料請求すると、有名ブランドの赤ちゃん用品を全員に無料プレゼント。
「とりあえず資料請求だけしてみよっかな~」とライトな感覚で申し込んでみてくださいね。

赤ちゃん雑誌を読む

今しか読めないマタニティ雑誌を読んで、赤ちゃんとの暮らしを想像するのもオススメ。

雑誌だとイラストや写真が多いので、体調がいいときにサラっと読めますし、医師や助産師さんが監修しているので安心。

「たまごクラブ」や「ひよこクラブ」もいいですが、無料で自宅に届いて、しかもボリューミーな「ゼクシィbaby妊婦のための本」もいいですよ。

保育園・幼稚園について調べる

近所の保育園や幼稚園の評判や、プレ入園、入園方法などについて調べておきましょう。余裕があれば見学しておくのもオススメです。

人気のある保育園は、0歳クラスの4月でないと入園できないことも。

ゆーこ
特に、育休から復帰を予定しているママは、入園できないと死活問題なのでしっかり調べておくと安心です。

幼稚園でも、0歳児のための教室があったり、1歳すぎからプレ入園があったりします。

ママなら誰でも関心がある話題なので、ママ友づくりのきっかけにもなりますよ。

赤ちゃんの名前を考える

赤ちゃんが生まれてから14日以内に、市区町村役場に「出生届」を出さなくてはいけません。

赤ちゃんが生まれると、赤ちゃんのお世話でてんてこ舞いになるので、今のうちに赤ちゃんの名前の候補を考えておきましょう。

なかなか思い浮かばなくて悩んでいるママは、本やインターネットで調べてみるのもオススメです。

出産準備をする

安定期に入っても、いつ何が起こるかわからないのが出産。

明日生まれても大丈夫なように、出産準備になるべく早く取りかかりましょう。

ゆーこ
とくに、初産婦さんは揃えるものがたくさんあるので、意外と時間がかかります…

ベビーバスやベビーベッドなどの期間限定でしか使わないものは、「ベビレンタ」を使って費用を抑えることもオススメですよ。

Amazonで赤ちゃん用品を安く買う

Amazonベビーレジストリ」で赤ちゃんの予定日・誕生日を登録するだけで、オムツや粉ミルクが最大20%オフで買えちゃうので、ぜひ登録しておきましょう。

おむつなどの育児アイテムのサンプル詰め合わせが無料でもらえるサービスも。

もちろん費用はかかりませんし、メルマガの配信を断ることもできます。

赤ちゃんグッズの手作り

赤ちゃんのスタイや帽子、ガーゼハンカチ、ミトン、おくるみ、ベビードレスなどを手作りしてみるのもいいですね。

赤ちゃんが生まれると、赤ちゃんのお世話で時間の余裕がなくなるので、作るならゆっくり取り組める今のうちです。

名前がもう決まっているようなら、名前の刺繍を入れるのも素敵ですね。

Amazon(ベビー&マタニティカテゴリー)」には、手作りキットや材料まで幅広くラインナップが。

眺めてるだけでも楽しいので、一度検索してみてくださいね。

ママのためにできること

本を聴く

出典:Amazon Audible

お腹が重くなってきて寝転がっていることが多いけど、読書を楽しみたい

というママにオススメなのが、「Amazon Audible」。

「Audible」とは、Amazonが提供する“聴く”読書サービス。

プロのナレーターが朗読した本(オーディオブック)をスマホやPCなどで聴くことができます。

オフライン再生にも対応しているので、移動中やリラックスタイムなど、好きな時間や場所で読書を楽しめるのが魅力。

そんな「Audible」は初回登録時、30日間無料体験可能。しかも好きな本が1冊無料で聴けちゃいます

また、コインで交換した本は、解約後にも聞けます。

子育て関連の本で人気なのは、「自分でできる子に育つ ほめ方・叱り方」や「0〜3歳までの実践版 モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす」などなど。

ゆーこ
その他にも、ベストセラーや本屋大賞受賞の本などもラインナップされているので、読書好きは一度登録してみるといいですよ

料理の研究をする

妊娠中は体重増加や高血圧に注意が必要で、産後は赤ちゃんのために離乳食を…。

妊娠出産すると、料理の機会がグンと増えます。

「料理が苦手」「レパートリーを増やしたい」というママは、時間に余裕がある今のうちに、料理の研究をしておくのがオススメ。

離乳食の本を購入して、産後の食事をイメージしておくのもいいですね。

食材宅配サービスを試してみる

「健康のためには自炊がいい」「仕事が休みになって収入が減ったから、食費を減らしたい」と思っていても、体調が悪かったり、気分がのらなかったりして毎日自炊するのがしんどい時もありますよね。

そんなときは、食材を配達してくれる 生協の宅配「おうちCO-OP(おうちコープ)」を利用してみましょう。

離乳食に使える「国産野菜ペースト」があったり、オムツを玄関先まで配達してくれたり、宅配サービス料が3歳未満まで無料など、子育て世代に嬉しいことが満載です。

また、今なら、WEBから利用申し込みすると、「出産祝いスマイルボックス」+「3,000円分のポイントプレゼント」!

「もっと商品を試してみたい」というママには、「おうちでおためし6品無料キャンペーン」も開催中なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

せっかくならもっと楽したい!というママには、おかずを届けてくれる「食宅便」「旬の手作りおかず・健幸ディナー」などのサービスもオススメです。

ポイントリ
妊娠~出産・育児は、持久走とおんなじで、最初から無理をすると、いつか無理を起こします。適度に手を抜いていきましょう!

育児ブログを読む

今回がはじめての妊娠・出産というママは、「陣痛ってどんな感じ?」「同じ週数のママはどんな準備をしてるのかな」「赤ちゃんがいる生活ってどんな感じなんだろう」と、不安がいっぱいという方もいるのでは?
ブログ村には、マタニティ~育児中のママまで、たくさんのブログが登録されているので、隙間時間に読んでみると妊娠・出産・育児のイメージが湧きやすいかも。
にほんブログ村 子育てブログへ

ヨガで柔軟性を手に入れる

コロナ禍で運動したり外出したりする機会が減ってしまって、不安な日々を過ごしているママも多いはず。

そんなときは、少しでもカラダを動かすことで、リフレッシュしましょう。

出産後の傷んだ身体、ゆがんだ骨盤、増えた体重にも効果的。

CM絶賛放映中の「SOELU」なら、レッスンお試し30日100円(税込)ではじめられます。

SOELU」の特徴は、双方向コミュニケーションが可能なライブレッスン

先生に見てもらえるから無理なく続けることができます。(Youtube動画やDVDを見ながらひとりでやろうとするとなかなか続かないんですよね…)

また、ちょっとお値段は高くなりますが、安定期~お産~産後専門の「Mom’sFIT ONLINE」では、マタニティプログラム(ヨガ・ピラティス・トレーニング・ストレッチ)と産後プログラム(トレーニング・ヨガ・ピラティス・腹筋・腰痛・肩こり)が定額制で受講できます。

隙間時間にお小遣い稼ぎ

ポイントリ
生まれてくる赤ちゃんのために、ちょっとでも収入を増やしたいというママには、「スマホやパソコンだけで」「寝ころびながらでもできる」副業がオススメです。

アンケートサイト

アンケートサイトといえば、「リサーチパネル」と「マクロミル」と言われるほど、有名な2つのサービス。

アンケートは1分程度で終わるものから15分程度かかるものまで様々。

どんな悩みがあるか、商品のどんなところが気に入っているかなどのアンケートに答えるだけというお手軽さが魅力的です。

特に「マクロミル」は、貯めたポイントをTポイントに換金すると、毎月20日にウエルシアで1.5倍分使えちゃいます

わたしは月3,000円ほど稼げているので、ウエルシアでオムツやミルクを購入しています。

ポイ活

「日経WOMAN」や女性ファッション誌でも紹介されて、どんどん知名度を伸ばしているポイ活。

「興味はあったけど、今まで時間がとれなくてなかなかはじめられなかった」というママは、ポイ活二大サービス「モッピー(moppy)」や「ハピタス」からはじめてみるのがオススメです。

ポイントサイトを通じてクレジットカードを作ったり赤ちゃんの口座を開設すると10,000円分等のポイントが!

ポイントサイトを経由していつものショッピングサイトで買い物をするだけでもポイントが貯まるので、普段通りの生活を送るだけ。

赤ちゃんが生まれると、オムツやミルクなどをインターネットで買う機会も増えるので、あらかじめ登録しておくといいですよ。

クラウドソーシング

ホームページ制作、バナーやロゴ制作、ライティングなど、得意なものがあるママには「クラウドワークス」もオススメ。

ライティングは初心者OKの案件もたくさんあるので、文章を書くのが嫌いじゃないママは挑戦してみてはいかがでしょうか。

妊婦さんやママ限定の案件もあったりするので、ぜひチェックしてみてくださいね。

実績が増えると、単価も上がるので、やればやるほど儲かります。

スマートフォンモニター

スマホがどんどん普及する中で、今話題なのが「スマートフォンモニター」。

簡単に言うと、テレビ視聴モニターのスマホ版。

アプリなどの使用状況を収集して、インターネットサービスの向上に役立たせるのが目的です。

モニターの参加は簡単で、ソフト、またはアプリをインストールするだけ

あとはいつもどおり使うだけでOK。

貯まったポイントはAmazonギフトや楽天Edy、nanacoやGooglePlayギフトに交換できちゃいます。

モニター参加時に性別や年代は聞かれますが、「年齢・性別以外の個人情報」「Webページに入力した個人情報」「電子メールの内容」「クレジットカード情報」「閲覧した画像情報」などは取得されないので、安心してくださいね。

アフィリエイト・セルフバックアフィリエイト

SNSやブログをやっているというママは、ぜひ2大アフィリエイトサービス「もしもアフィリエイト」と「A8.net」に登録しておきましょう。

SNSやブログから、商品購入やサービス申し込みがあるたびに、報酬がもらえます。

もちろん登録は無料なので、「どんな案件があるのかなぁ」と気軽な気持ちで登録してみてくださいね。

SNSやブログをやっていないママも、自分で商品購入やサービス申込みすることで報酬がもらえるので、どんな案件があるかチェックしてみるといいですよ。

出産前の今しかできないこと

資格の勉強

まとまった時間を利用して、資格の勉強をするのもいいですね。

ファイナンシャルプランナーやカラーコーディネート・実用ボールペン字など、趣味~仕事まで幅広く使える資格がオススメ。

出産を機に退職したママは、再就職に向けて簿記や医療事務などの、仕事に活きる資格もいいですね。

家事や育児の動線を見直す

突然ですが、赤ちゃんを迎える準備は完璧ですか?

「赤ちゃんは日中どこでお昼寝する?」「ベビーベッドはどこに置く?」「赤ちゃんが触れる範囲に危ないものはないかな」…意外と考えることは多いものです。

特に、出産後復職を予定しているママは、朝の支度の動線も考えておきたいところ。

とはいえ、妊娠中に家具などの重いものを運んだり、脚立に乗って作業するのはNG。

家族や旦那さんと話し合って、計画的にお部屋の準備をしていきましょう。

マタニティフォト

今しか撮れない写真を撮ってみましょう。

マタニティフォトは、お腹が目立ってくる妊娠8ヶ月頃がオススメ。

どんな予算で、どんな衣装で撮影するか考えただけでワクワクしませんか?

マタニティーフォトだけでなく、お宮参りや七五三の撮影メニューもあるフォトスタジオを選ぶと、出産後も赤ちゃんと一緒に楽しめます。

わたしは、「体調不良で当日キャンセルしてもキャンセル料がかからない」「マタニティ専用の衣装が着替え放題」「家族と撮っても追加料金なし」の「スタジオマリオ」を利用しました。

2人でデートする

赤ちゃん連れでは行けないちょっと高級なレストラン、映画館、コンサート、カラオケ、旅行…赤ちゃんが生まれたらなかなか行けなくなる場所で、2人きりのデートを楽しみましょう。

妊娠中にたくさんコミュニケーションを取っておくと、産後もパパと良い関係が築けます。

妊娠・出産で不安なことをパパに聞いてもらうのもいいですね。

お出かけの時は、母子手帳を携帯するのも忘れずに。

歯医者に通う

虫歯がないか、歯石が溜まっていないかなど、歯医者さんで細かく診察してもらいましょう。

妊娠中は、口内が乾きやすくなったり、栄養バランスが偏ったり、つわりで歯磨きがおろそかになったりして、虫歯などのトラブルが起きやすいもの。

住んでいる市区町村によっては、妊娠期間中に無料で歯科検診を利用できる場合もあるので、普段はあまり歯医者に行かないというママも、この機会にぜひ利用してくださいね。

歯医者に通うタイミングは、つわりが落ち着いてきて、まだお腹が大きくなりすぎていない妊娠5ヶ月~8ヶ月ごろがオススメです。

ちょっと違う髪型にしてみる・ネイルやエステを楽しむ

赤ちゃんが生まれると、なかなか自分の時間がとれず、美容院やネイル・エステを楽しめなくなるもの。

「興味はあるけど、お金もかかるし…」というママも、せっかくなら今だけちょっと贅沢してみませんか?

国内最大級の予約サイト「ホットペッパービューティー」から、気になるサロンを予約すると、クーポンを使っていつもよりお得に利用できるし、ポンタポイントもざくざく貯まります。

特に、新規専用クーポンは、他のメニューと比べて随分割安。

この機会に、気になっている美容院やサロンをめぐってみるのもオススメです。

ちなみに私は、ポイ活サイト「モッピー(moppy)」で貯めたポイントを使って、いつも無料で美容院を利用しています。

ポイントリ
ダブルで登録しておくと、お得に利用できますよ。

友達とたくさん遊ぶ

時間がある今のうちに、会いたい友達と会っておきましょう。

赤ちゃんが生まれたあとは、赤ちゃん中心のスケジュールになるので、ゆっくり友達と遊ぶということが難しくなってきます。

昔からの友達と話すと、妊娠で落ち込んでいる気分がちょっと上がります。

遠方の友達に会いに行く場合は、安定期以降にしましょうね。

母親学級、父親学級に参加する

産婦人科や市区町村など、さまざまな場所で母親学級や父親学級が開催されています。

同じ時期に出産を迎えるパパ・ママと情報交換ができたり、出産・育児について専門家に相談できたりするので、はじめて出産を経験するママは行っておくと産後赤ちゃんのお世話がスムーズに進みます。

上の子との思い出づくり

妊娠すると、ついつい意識が「お腹の張り」や「つわり」に向きがち。

一見いつもどおりに見えても、上の子は「妹や弟ができる不安やプレッシャー」を抱えているかも。

体調が良い日は上の子と関わる機会を積極的に持っておきましょう。

赤ちゃんがもうすぐ生まれることを、日々の遊びや読み聞かせの中でさりげなく伝えていくのもいいですよ。

切迫早産でもっと時間があるママは…

雑誌・長編マンガを読む

時間を持て余しているママには、サブスクリプション(定額使いたい放題)サービスもオススメです。

1ヶ月無料で楽しめるサービスがあるので、出産前まで十分無料で楽しめます。

「ちょっとお腹が張ってきたな…」と思ったら、椅子に座ってゆっくり読書を楽しみましょう。

・1ヶ月無料!600誌以上の雑誌が読み放題【楽天マガジン】
・30日間無料!ビジネス書も小説も雑誌も好きなだけ「Kindle Unlimited
・初回31日間!人気雑誌500誌以上「dマガジン

「紙のマンガが読みたい」「もっとたくさんのマンガが読みたい」というママには、コミックレンタルマンガ(電子書籍販売)もオススメ。

大作アニメ・ドラマを見る

今はサブスクリプション(定額使いたい放題)サービスが充実しているので、かなり安く動画を楽しめます。

さらに、最初の1ヶ月くらいは無料でお試しできるようになっているので、とりあえず順番に契約していくだけでも、2年くらいは無料で満喫出来ちゃいます。

赤ちゃんが生まれてからも、ぽっと時間が空いたときに手軽に楽しめるので、まずは1つ登録してみましょう。

・1ヶ月無料!国内最大アニメ見放題サイト「dアニメストア」 ※docomoユーザー以外もOK
・1ヶ月無料!「dTV」 ※docomoユーザー以外もOK
・31日間無料「U-NEXT(ユーネクスト)」
・30日間無料「AmazonPrimeVideoチャンネル」

動画配信サービスに、見たいのがないんだよなぁ~って人は、宅配レンタルサービスもチェックしてみてくださいね。

初心者の方が効率よくポイントを貯めるには

  • 紹介リンクから登録するデメリットはない
  • 紹介リンクから登録して特典をもらうと、効率的に最低交換金額に到達できる

ので、紹介リンクから登録するのがオススメです。

公式サイトからだと紹介特典は受け取れないので、良ければ下の紹介リンクから登録してみてくださいね