湖西市の「ナンジャモンジャの木」って何?どこに生えてる?

NO IMAGE

写真は湖西フォトコンテストの入賞作品です

ナンジャモンジャはモクセイ科の高木で、正式な名前は「ヒトツバタゴ」といいます。

湖西市のなんじゃもんじゃの木

正式名称はヒトツバタゴ。

天然での分布域が狭く、希少種として環境省のレッドリストの絶滅危惧種Ⅱ種(VU)に指定されています。

湖西市では、なんじゃもんじゃの木と呼ばれています。

あまり見かけない木だったので、地元の人が「なんじゃ〜」と言ったのかもしれませんね。

見頃は4月末〜5月上旬ごろ。

シオン
花が咲いているときは、まるで木に雪が積もっているように見えます。

どこにある?

なんじゃもんじゃの木へのアクセス方法を紹介します。

  1. 天竜浜名湖鉄道「知波田駅」下車
  2. 三ヶ日方面(北)へ
  3. 多米峠入り口の信号を越えて1つ目の角を右
  4. 天竜浜名湖鉄道の踏切を超えて道なりに進む
シオン
駐車場はありません。最寄りの駐車場は駅にある公共駐車場。木までは800mほどです。

参考

・湖西市史

・現地案内板

環境省ウェブサイト(レッドリスト)