現役公務員女子が「公務員試験を受ける人」「公務員になったばかりの人」にお伝えする赤裸々ブログ

公務員に向いている人はこんな人4選!公務員として働く中で、感じることとその理由。

こんにちは、現役公務員のゆーこです。

この記事を読んでいただいているということは、少なからず

「就職活動をするにあたって、公務員試験を受けようか迷っている」

「公務員として働いているけれど、本当に自分がこの仕事に向いているのかどうか悩んでいる」

というような思いがある方ではないでしょうか。

今回は、わたしが公務員として働いている中で、「こんな人が公務員に向いているな」と感じる方の性格や、その理由についてお話したいと思います。

・実際に働いていて感じる、公務員に向いている人はこんな人!4選
・向いているかどうかよりも大切なこと

 

公務員に向いているのはこんな人

地道な作業をコツコツ続けられる人

公務員志望の学生さんに、希望する部署を聞くと、「企画」「観光」といった華やかな部署を希望される方がとても多いです。

志望動機が練りやすいこともその理由のひとつかもしれません。

とはいえ、公務員の仕事の大多数は、地味な仕事です。

伝票を処理し、補助金の実績報告を作り、市民からの問い合わせに対応し、ひたすらデータ入力をする…

そんな毎日は決して珍しくありません。

わたしも公務員として、華やかな部署・地道にコツコツと作業をするのが必要な部署、ともに経験してきましたが、「地道な作業を、正確に、コツコツ続けられる人」はとても公務員に向いています。

華やかな仕事は、その場の勢いで出来てしまう部分も結構ありましたが、地道な作業はそうはいきません。

丁寧に、慎重に、正確に、毎日コツコツと。

市民からの信頼が大切な公務員だからこそ、「地道な作業をコツコツと続けられる人」は公務員に向いています。

バランス能力がある人

公務員は、バランス能力がとても大切な仕事だなと思っています。

当たり前ですが、特定の人だけを優先したり、法律ではなく感情で動いたりしてはいけません。

直属の上司と他部署の上司の間、地域住民同士の間、業者と住民の間…いろいろな利害関係がある人同士の間に立って、板挟みになることも少なくはありません。

だからこそ、バランス能力に長けている人は、公務員に向いていると思います。

人と話すのが苦ではない人

窓口対応、会議の場、記者会見…「公務員は席に座って仕事をしている」イメージを抱かれている方も多いのですが、公務員が人と話す場は結構あります。

話しやすい相手だけに、話しやすいことだけを話すのはご法度。

話したく相手に、話したくないことを話さなければいけない機会も多くあります。

言葉づかいや伝え方次第で、相手の印象は大きく変わります。

わたし自身は、人と話すのに若干の苦手意識を持っているので、あくまで自然体で人と話すことができる人を尊敬していますし、仕事ができる人だなぁとうらやましく思っています。

文章を書くのが好きな人

わたしが以前働いていた民間企業では、文章を書くことがほとんどありませんでした。

公務員になった当初、「公務員はこんなにたくさん文書を作成するんだな」と驚いたことを今も鮮明に覚えています。

補助金の実績報告から、クレーム対応の報告書、日々の起案文書まで…

公務員が文章を作成する機会はたくさんあります。むしろ、前例や事例を参考にすることが多い職業のせいか、そればっかりです。

「文章を書くのが好きな人」は、きっとそんな公務員の文書業務に苦痛を感じることは少ないはずです。

とはいえ、もちろん文章を書くのが苦手という人も、業務に携わりながら慣れていけば大丈夫ですよ。

性格よりも大切なもの

地域に愛着がある人

公務員として働いている中で、「地域に愛着がある」ということはプラスに働くな、と感じることがたくさんあります。

地方公務員、特に市役所で働く職員は、地域に根差した業務や、生活の維持に関わる仕事が多いです。

市役所は、市民が不満を感じたり困ったりしたときの相談窓口としても機能しています。

もし、あなたが困っていて、藁にも縋る想いで市役所を訪れたときに対応した職員が、地域のことを全く知らない職員だったらどう思うでしょうか。

「この人は頼りにならないな」「地域に詳しい人に話を聞いてもらいたい」

そう思って、地域のことに詳しい職員に相談を持ち掛けるのではないでしょうか。

これは市民→職員(公務員)に限ったことではなく、職員(公務員)→市民に相談を持ち掛けることもあります。

実際に地域に愛着があって、今まで地域の人と積極的に関わってきた職員は、「困ったときは市民の〇〇さんを頼ってみよう」「職員の△△さんの頼みなら、受けてあげようじゃないか」、ということを多く経験しているはずです。

他にも、仕事で辛いことがあったとき、理不尽なことに巻き込まれたとき、心が折れそうになったとき、「それでも地域のためになるのなら」と思える人はとても強いと思っています。

「公務員=安定」だけに重きを置かないこと

公務員として働いていると、「安定していていいよね」とよく言われます。

安定ってなんでしょうか。

「公務員は安定している」とおっしゃる多くの方は、

  • 公務員=国・自治体が主体=潰れることがない=クビにならない=一生食いっぱぐれることがない

という理由から「公務員=安定」とおっしゃられているのだと思います。

でも、東日本大震災や、今回のコロナ禍のように大規模災害等が起これば、家庭を犠牲にしてでも仕事をしなければいけません。

退職金が年々減ってはいますが、制度上は定年まで勤められます。

制度上は、です。

現在、若手公務員の離職者数が増えています。

河野太郎国家公務員制度担当相が「危機に直面する霞が関」とご自身のブログで問題提起されたこともまだまだ記憶に新しいのではないでしょうか。

離職者数の増加は、国家公務員だけでなく、地方公務員でも問題になっています。

総務省の『地方公務員の退職状況等調査』を見てみると、20代の職員の離職者数は、2013年は約1,500人、2018年は約2,500人となっています。

2019年は約3,300人の公務員が辞めています。

採用者数の増減や世の中の動向などの影響もあるのかもしれませんが、少ない数字であるとは決して言えません。

公務員になっても「一生食いっぱぐれない」というわけではないのが現実です。

仕事を丸投げする上司や先輩、こちらにはなんの落ち度もないのに怒鳴り込んでくるクレーマー、人員は削減されるのに増え続ける行政サービス…

がんばりすぎた結果、心や体を病む人もたくさんいます。

「公務員=安定」だけに重きを置いていると、いつか限界が来るかと思いますので、あまりオススメしません。

まとめ:性格だけで決めるのはやめよう

以上、わたしが働いて見て感じている、「公務員に向いている人はこんな人」ということを4つ紹介してきました。

「やっぱり私は公務員に向いているんだ!」

「もしかしたら公務員に向いてないのかも…?」

どう感じたでしょうか。

ここまでお話しておいてなんなのですが、「どうやら私は公務員に向いていそう」ということだけで、公務員になると苦労するかと思います。

なぜ公務員になりたいのか、公務員として何をしたいか、といった自分の軸や芯がないと、厳しい状況に遭遇したときに心が折れてしまうこともあるでしょう。

せっかくあなたが公務員になってくれたのに、心の問題を抱えて離職してしまってはとても悲しいので、どうかよく考えた上で「公務員」を選択してみてくださいね。

 

\他の公務員のブログを見る/
にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村