小さいノートの使い方と活用術「暮らしを整える編」

NO IMAGE

髙橋拓也さんの『時間をもっと大切にするための小さいノート活用術』を読んでから、小さなノートを長い間愛用しています。

今回は、そんな私の、小さなノートの中から、暮らしを整えるためのページをご紹介します。

 

手放したものリスト

ミニマリストや断捨離がブームになって、ふと部屋を見渡してみると「我が家ってば、モノがとても多い…」と感じました。

でも、「これはゴミだ!」「絶対にいらない!」っていうモノってあまりなくて、全部思い出や想いが詰まっててなかなか捨てられない…。

でも片づけたい。スッキリさせたい。

そんな矛盾を解決してくれたのが、「手放したものリスト」です。

書き方は簡単で、

  • 日付
  • 捨てたもの

を書くだけ。

シオン
すると不思議なことに、「今日はこれを捨てようかな」なんていう気持ちが湧いてくるんです。

手放したものリストが増えてくと、達成感も出てきて一石二鳥!

「溢れるモノを減らしたいけど、なかなか捨てられない」

という方にもオススメです。

ほしいモノリスト

今まで収納の奥底に眠っていたモノを手放したら、今度はお気に入りのモノたちを揃えて、ご機嫌な暮らしを送ってみませんか?

シオン
でもそんなに一度に買い替えれないですよね…

そこで、小さなノートの1ページにいつか買いたいモノの一覧を作っています。

ポイントは、ほんとに買うかどうかは関係なく、とりあえず気になったモノをリスト化すること。

人の好みは変わるので、今ほしいモノが必ずしも将来欲しいとは限りません。

買うかどうかの判断は将来の自分に任せましょう!

手に入れたり、欲しくなくなったりしたら、リストを打ち消し線で消します。

こうすると、あとでやっぱり欲しくなったときも、書いた文字が読めるので安心です。

シオン
わたしは年間400冊を超える本を読んでいますが、実は本にかかるお金はそんなに高くありません

1番の理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

もちろん図書館や新刊書店もたくさん利用しますが、予約順や価格を気にせず、新しい本を読みたいときに読めるのは定額制の良いところだなと思っています。

最近はいろいろな本の読み放題サービスが増えてきていますが、一番使えるのはやっぱりAmazonのAmazon Kindle Unlimited(アマゾン・キンドル・アンリミテッド)。

月額980円で200万冊以上の本が読み放題で、定額サービスの中で1番の品揃えです。

小説はもちろん、ビジネス書や雑誌、コミックも読み放題。

シオン
月に2~3冊は本を読むという人は、1つだけ加入するとしたらKindle Unlimitedがおすすめです。

ちなみに、はじめての人は30日間無料でお試しができる(途中解約可。期限内に解約すれば、料金は一切かかりません。)ので、ぜひ読み放題サービスを利用してみてくださいね。

\ 30日以内に解約すれば0円 /