湖西アメニティプラザ(湖西市)オムツOK、スライダープールや波の出るプールも!

湖西市にある、「湖西アメニティプラザ」に行ってきました!

湖西アメニティプラザのいいところ

浜松市や豊橋市にもプールはたくさんありますが、湖西アメニティプラザのいいところはこちら!

  1. 完全屋内なので、暑い日も寒い日もプールが楽しめる
  2. 25メートルプール、ウォータースライダー、水遊びオムツをはけば入れるプール、流れるプール、波の出るプールなど、バラエティあふれるプールがいっぱい
  3. そんなに混んでない
  4. ビート板やアームリング(腕用の浮き輪)の無料貸し出しがある
  5. ロッカーのコインは返金式
  6. 夏休み期間中は休業なし

とくに、波の出るプールはこの辺りにはあまりないので、子どもは大はしゃぎ!

プール脇には採暖室もあるので、身体が冷えたら温まることができます。

プールサイドには水筒の持ち込みができるので、室内といえど、適宜水分補給を忘れずに。

湖西アメニティプラザを利用するときに注意すること

アメニティプラザを利用するときに注意したいことはこちら。

  1. スイミングキャップをかぶる必要あり(付き添いの大人にも必要)
  2. 更衣室に濡れたまま戻ることはできないので、バスタオルをプールサイドまでもっていく必要あり
  3. プールの中にはトイレなし(更衣室にあり)
  4. シャチやビーチボール、ボート類、パドル、フィンの持ち込みは不可

とくに、大人用のスイミングキャップを忘れないように注意が必要です。

わが家も持っていなかったので、慌ててネットでこちらのスイミングキャップを買いました。

頭の大きな主人でも、女性の私でもフィットして、締め付けもなかったので快適でした。
ちなみにオムツが取れていない子は、水遊び用のオムツの上に水着の着用が必要です。
わが家が使っているのはいつもこれ。

粗相があっても、オムツが膨らみすぎず、万が一のうんちもキャッチしてくれるので安心。
かわいい柄で、息子もノリノリで履いてくれます。
いつも予備として2~3枚持っていくようにしています。
わたしはこちらで完全防御。

湖西アメニティプラザの混雑具合は?

わが家が行ったのは、夏休み真っただ中の7月の土曜日午前10時ごろからお昼ごろまで。

湖西アメニティプラザは、プールだけでなく、室内競技のスポーツ大会やイベントも実施する施設なので、駐車場は豊富にあり、停める場所には困りませんでした。

プールの受付横に「ただいま入場制限中」という看板が隠れるように置かれていたので、「もしかしたら、今はすごく混んでるだけで、このあとはすごく混むのかも・・・?」

とドキドキしていましたが、そんなこともなく。

ストレスがない程度の混雑具合でした。

スライダーと波の出るプール、流れるプールなどバラエティあふれるプール

湖西アメニティプラザのプールには、こんなものがありました。

  1. ウォータースライダー(短いタイプ1本、長いタイプ1本)
  2. 25mプール
  3. 流れるプール
  4. 波の出るプール
  5. 乳幼児用プール(ちいさな滑り台や、水遊び用のボールやジョウロがありました。)
  6. ジャグジー
  7. 採暖室

ウォータースライダーは身長120cmから利用可能で、ひとり滑り用です。

110cm~120cmのお子さんも、出口のプールで保護者の人がキャッチできればOK。

また、ひとりで長時間並ぶことができないお子さんのかわりに、保護者の方が並ぶこともできるそうですよ。

浮き輪やビート板のレンタルはある?

湖西アメニティプラザでレンタルできるものは、

  • ビート板
  • アームリング(腕用の浮き輪)

のみ。この2つは無料で借りることができます。

浮き輪のレンタルはありません。

忘れてきてしまった場合は、館内の売店で1200円~2500円程度で販売しています。

ちなみに、浮き輪を膨らませるようの機械もありました。

湖西アメニティプラザの駐車場・アクセス

公共交通機関、駅でのアクセスはよくないので、自家用車で行くことがオススメ。

地元の小学生は、バスや自転車で来ていました。

駐車場は豊富にあるので、ご心配なく!