現役公務員女子が「公務員試験を受ける人」「公務員になったばかりの人」にお伝えする赤裸々ブログ

【公務員試験】筆記の服装はスーツ?私服?小規模な市役所を受験する場合は注意

こんにちは、現役公務員のゆーこです。

公務員試験に合格するために勉強を続けてきて、次はいよいよ筆記試験本番!

実力を発揮して、なんとしても合格を勝ち取りたいですよね。

ところで、筆記試験にはどんな服装で行く予定ですか?

試験の案内には特に記載がないけど、みんなどうしてるんだろう…
今回は、そんな素朴な疑問に答えるべく、公務員試験(筆記試験)の服装について、わたしの経験談をもとにお話ししていきたいと思います。
・公務員試験は「私服」で受験するのがオススメ!
・小規模な自治体を受験する場合は注意が必要。

服装は評価の対象にならない

筆記試験の服装は、評価の対象になりません。

人事院が運営している「国家公務員試験採用情報NAVI」でも、

試験の時期を考慮した普段着(軽装も可)でかまいません。試験会場や座席の位置によって気温差が生じる場合があるので、寒暖差が調節できる服装をおすすめします。

という案内がされています。

公務員試験の筆記試験は応募すれば誰でも受けることができる試験なので、受験者数も膨大です。

そのため、大学などの大きな会場を貸し切って開催されることも多く、座席の位置によって暑かったり寒かったりします。

また、試験官も、たくさんいる受験者の服装までチェックする余裕はありませんので、服装は評価の対象になりえません

実際に、わたしが受験した「国家一般職」「航空管制官」「政令指定都市」「国立大学法人」では、私服の人の割合が多かったです。

自分がリラックスして受験できる「私服」でのぞみましょう。

悪目立ちする服装はやめておこう

リラックスして受験できるスウェットやビーチサンダルでもいいの?

という方もいらっしゃるかもしれません。

答えは、あまりオススメできない、です。

スーツ、オフィスカジュアル、無難な私服…そんな受験生たちの中で、どうしてもこだわりがあって「奇抜やラフすぎる服装」で受験して集中できるのならいいかと思いますが、他人の服装が気になって試験に集中できないのでは本末転倒です。

いくらリラックスできるとはいえ、悪目立ちするような服装はやめておきましょう。

ジーパンやスニーカーなら、まったく問題ありません。

小規模な自治体を受験する場合

受験生の数が少ない、小規模な自治体を受験する場合はどうでしょうか。

国家公務員や大規模自治体の場合は、受験生が多いため、試験官がひとりひとりの服装をチェックする余裕はありませんが、小規模な自治体の場合は、受験番号を元に試験官が個人を特定することもできます。

受験者の人数も少ないので、ラフすぎる格好は、単純に悪目立ちします。

筆記試験の服装で減点される可能性はありませんが、試験官が悪い印象を持った場合は次の面接時の評価に影響する可能性はありますので、服装には少し気をつけるようにしましょう。

ゆーこ
公務員は、あらゆる年齢層の住民がお客さま。誰にでも好感が持たれる服装や髪形が重要です。
筆記試験の段階で、「この人は筆記試験の点数が高くても、公務員に向いてなさそうだな」というイメージを試験官に持たれては損ですからね。

とはいえ、スーツで行かなければいけないわけではありません。

スーツって、気慣れていないと来ているだけで疲れてしまって、試験に集中できないですもんね。

実際に私が受けた小規模自治体では、オフィスカジュアルかラフすぎない私服で試験にのぞんでいる受験者が多かったです。

自分の服装はこれでいいのかと迷ったら、スーツでも大丈夫だと思いますよ。

オフィスカジュアルについて気になる方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

関連記事

ゆーこ 公務員として採用された方、おめでとうございます。もうすでに公務員として働かれている方、お仕事お疲れさまです。 いざ公務員として働くことになったとき、特に女性の方は服装で悩むことが多いのではないでしょうか? 男性[…]

大切なことは服装よりも実力を発揮すること

ここまで、筆記試験を受験するときの服装についてお話してきました。

が。

いくらきちんとした服装で受験しても、普段通りの実力が発揮できなければ本末転倒です。

「スーツの方が気が引き締まって集中できる」という人もいれば、「気慣れていないスーツでは、試験に集中できない」という人もいるかと思います。

ぜひ、自分が一番集中できる服装で、自信をもって筆記試験にのぞみましょう。

余裕を持って準備しよう

わたしが大学4年生のとき、なんでも後回しにしたい性格で、試験に着ていく服は当日の朝準備する、ということが結構ありました。

ゆーこ
でも、そういうときの試験って、大抵心に余裕がなかったりして、失敗することが多かったんです…
そこで、公務員試験を受験する時は、たとえ試験当日に着ていくのが気慣れたスーツであっても、前日の夕方までに準備するようにしていました。
夕方なら、もし足りないものがあっても買いに行けるし、準備万端の状態で夕食・お風呂を済ませられるので、試験当日をリラックスして迎えられました。
1回かぎりのチャンスですので、万全な状態で試験にのぞめるようにしたいですね。

 

 

\他の公務員のブログを見る/
にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村