現役公務員女子が「公務員試験を受ける人」「公務員になったばかりの人」にお伝えする赤裸々ブログ

今注目されている「グラレコ」とは?書き方からアプリ、練習まで

こんにちは、現役公務員のゆーこです。

最近、仕事でグラレコを使うことが増えてきました。

プライベートでもいくつか依頼をいただいて、講演会やイベントの内容をグラレコさせていただいています。

その中で、「グラレコって何?」「どうやってやるの?」と聞かれることも増えてきましたので、今回は改めて「グラレコ」について記事を書いてみたいと思います。

 

そもそも、「グラレコ」とは何なのか?

グラレコは、会議やセミナーなどの内容をタイムリーに、イラストやキーワードで体系的に「見える化」して、参加者に共有し、より理解や思考を深めてもらうための手法です。

例えばこんな感じ。

本当にお恥ずかしいのですが、私が「嫌われる勇気」について紹介している動画を拝見して、はじめてグラレコに挑戦したときのものです。

グラレコのメリット

グラレコのメリットは大きく分けて3点。

  • 情報のつながりがわかりやすくなる
  • 文章を読むのが苦手な人にも伝わりやすい
  • 効率的に情報を伝えることができる

それでは、それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

情報のつながりがわかりやすくなる

仕事で会議をしていたり、プライベートでセミナーを受講したりすると、「あれ、同じような話が前も出てこなかったっけ?」「先ほどもお話しましたとおり…って言われたけど、いつのことを指してるんだろう」と悩んだりしたことはありませんか?

自分たちが何を目的に議論しているのかわからなくなったり、出席者の認識がずれてきたり…。

イベントや会議でリアルタイムにグラレコをすると、口頭だけでは伝わりにくいことも、視覚的に伝わります

piyo
実際にその場に居なかった人にも伝わりやすいね

文章を読むのが苦手な人にも伝わりやすい

仕事で議事録を読む機会がある方も多いのではないでしょうか。

文章だとなかなか読む気にならなかったり、読んでも頭に入ったのか入ってないのかよくわからなかったり、つまり何が言いたいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

グラレコは「イラストや図形などを使って」「端的に」まとめられるので、文章が苦手な人や、その分野についてあまり知識がない人でも、すぐに要点が掴めます

また、ふんわりとした抽象的な話を文章でまとめるのは文章力が必要ですが、イラストであればもっと簡単に正確に伝えることができます。

効率的に情報を伝えることができる

会社の広報誌や個人のSNSなどで、情報発信をしている方も多いのではないでしょうか。

広報誌なら予算などの都合から掲載できる分量が限られているでしょうし、SNS、たとえばTwitterなら140字以内に収めなければいけません。

もちろん「限られたスペースや文字数の中で、いかに相手に伝えることができるか」という楽しみもありますが、「たくさんのことを伝えたいけど、スペースや文字数が足りない!」ということも多いはず。

文章ではなかなかうまく伝わらないことであっても、グラレコを使えばよりわかりやすく、多くのことを伝えることが可能です。

グラレコの書き方・アプリ

グラレコは、「書けるもの(紙やホワイトボード)」と「書くもの(ペンやマジック)」さえあれば、いつでもどこでも始めることができます。

ゆーこ
紙が見当たらなくて、子どもの自由帳を拝借したこともあります(笑)
オンラインで共有しやすいからという理由で、iPadなどのタブレットを使われている方も多いです。
グラレコをしている方はiPadを使っている方が多いな、という印象ですが、その多くが「Procreate」というアプリを使っています。
なぜ、「Procreate」が人気なのか。
それは、
  • 月額利用料がかからず、買い切りであること
  • 価格が安いこと
  • 機能が豊富なのに、直感的な操作が可能で、普段「お絵かきソフト」を使用していない人でも使いやすいこと

が理由です。

ゆーこ
ただし、iPadやiPhoneなどのApple製品でしか使えません。

グラレコにはiPadが必要?

ゆーこ
結論からいうと、答えはノーです。
アナログでグラレコをする機会も多く、「デジタルだからOK、アナログだからダメ」という世界ではありません。
関連記事

こんにちは、現役公務員のゆーこです。 突然ですが、皆さんは「グラレコ」って聞いたことがありますか? 私が知ったのはつい最近、公務員のためのFacebookグループ「オンライン市役所」で「グラレコ」という単語と作品を見たのがきっか[…]

むしろ、「グラレコをこれから始めたいけれどiPadを持っていない」という方は最初はぜひアナログからスタートするのをオススメします。
「せっかくiPadを買ったのに、続かなかった」「デジタルに慣れると簡単に消せないアナログが難しい…」という声をよく聞くからです。
もちろん、もうすでにiPadを持っている方は、ぜひデジタルにも挑戦してみてくださいね。

グラレコに関するオススメ本

グラレコの二大先駆者といえば、「くぼみ(久保田麻美)さん」と「清水敦子さん」。

「グラレコを始めたいから、とりあえず詳しい本を1冊読んでおきたい」という方にオススメなのが、この2冊。

ゆーこ
私のグラレコ仲間でも、この2冊は評価が高いのでオススメです。
関連記事

こんにちは、現役公務員のゆーこです。 最近、巷だけでなく、公務員界隈でも「グラフィックレコーディング(=グラレコ)」が熱い盛り上がりを見せていますね。 今回は、そんな「グラレコ」の一番かんたんな入門書である、久保田麻美さんの『は[…]

グラレコの練習方法

オススメの本2冊をご紹介しましたが、グラレコは実践してナンボです。

ゆーこ
とはいえ、いきなり会議などでグラレコをするのは、正直言ってハードルが高すぎますよね。。。
そこで、「家で」「ひとりでも」できる、グラレコの練習方法をご紹介します。

動画を見て練習する

一番実践に近い形で練習できるのが、Youtubeなどで動画を見ながらグラレコをすることです。

例えばわたしは、こんな動画をよく利用しています。

ポイントは、2つ。

  • 出来る限り映像を見ないで、音声を聴いてグラレコをする
  • 一時停止をしない

動画は、わかりやすいように内容を図解してくれているものも多く、また一時停止することも簡単です。

でも実際のグラレコの現場では、話の流れを遮るわけにはいかないので一時停止ができないことがほとんどですし、グラレコの手掛かりは話者の言葉のみ、ということが多いです。

もちろん、最初は難しいとは思いますが、より実践的な練習をしたいという方はぜひ意識してみてくださいね。

本の内容をグラレコする

動画と違って、いつでも始めやすいのが、本の内容のグラレコ。

紙とペン、本があればどこでもできちゃいますし、隙間時間にも取り組みやすいので、「ちょっと動画のグラレコに飽きたな~疲れたな~」というときによくやっています。

漠然と本を読んでいるだけだとなかなか頭に入ってこなかったり、読んでいる途中でこんがらがってきたり、せっかく読んだのに忘れてしまったりすることもあるので、読書記録がわりにグラレコを楽しんでいます。

ゆーこ
あとから見返すのも結構楽しいです。

イラストの練習にはこちらの本もオススメ

グラレコでつまずきやすいのが、「イラスト」。

先ほどご紹介した「くぼみさん(久保田麻美さん)」の本にも、グラレコならではのイラストの描き方が満載なのですが、「もっと練習したい!」という方にはこんな本もオススメです。

どちらも手帳やボールペンイラストの本なのですが、「少ない色でわかりやすいイラストを描く方法」や「日常生活のいろいろなシーンをアイコンにする方法」などが紹介されているので、興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

 

\他の公務員のブログを見る/
にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村