本を読む時間がない人【必見】本の要約「flier(フライヤー)」とは?悪い評判もチェック

本の要約サービス「flier」とは?悪い評判もチェック

「本を読みたいけれど時間がない」

「気になる本があっても購入を迷っている間に新しい本が出版され、購入の機会を逃した」

「話題の本をたくさん読みたいけれど、お金が気になる」

「限られた時間でスキルアップしたい」

と悩んだことはありませんか?

今回は、そんな悩みをすべて解決してくれる、本の要約サービス「flier(フライヤー)」を紹介します。

 

本の要約サービス「flier(フライヤー)」とは?

本の要約サービス「flier」の特徴

引用:flier公式サイトより

本の要約サービス「flier(フライヤー)」は、ビジネス書や自己啓発書を中心とした本を1冊10分で読めるように、「要約」配信してくれているサービスです。

シオン
CMでも話題のサービスで、累計会員数は87万人を突破しています。

特徴1:話題の本が、1冊10分で読める

flierの特徴

「flier」では、例えばこんなビジネス書の要約が読み放題。

  • 『FACTFULNESS』
  • 『シン・二ホン』
  • 『本当の自由を手に入れるお金の大学』
  • 『学びを結果に変えるアウトプット大全』
  • 『睡眠こそ最強の解決策である』

年間で発売されるビジネス書は6,000冊。1冊読むのに1~3時間程度はかかるとしても、日数にして、250日~750日かかります。

「flier」は通勤や休憩などのスキマ時間に読めて、かつ、概要を把握できる10分に、ビジネス書の大事なポイントだけをギュギュっと要約してくれているので、通勤電車の中で、レストランの待ち時間に、歯を磨きながら…日常のちょっとしたスキマ時間で、話題の本をチェックできます。

シオン
「flierで要約をチェック」→「実際に本を買って読んでみる」→「flierで復習」すると、難しい本でも内容が理解しやすかったのでオススメですよ。

特徴2:「いま読むべき本」が厳選されている

シオン
いくらビジネス書を要約してくれていても、読みたい本がなければイヤですよね。

ラインナップは、先ほど紹介したビジネス書だけでなく教養書や実用書を含めて多種多様。

例えば、

  • 『2040年の未来予測』
  • 『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』

のような、「いま読むべき本」が厳選されています。

「なかなか本屋に行く時間がない…」という人でも、とりあえず「flier」で要約されている本をチェックしておけば、いつでも旬の情報をチェックできます。

特徴3:出版社/著者の許可を得た高品質の要約

「本 要約」と検索すると、YouTube動画がたくさんヒットしますね。

ただし、YouTube動画の本の要約は、デメリットが4つあります。

それは、

  1. 動画の出来不出来には差があって、読みたい本の要約動画のクオリティが低かった
  2. すべて要約すると著作権に問題があるから結局核心には触れなかった
  3. 動画ありきの要約で、音声だけだとわかりづらい
  4. 著者がチェックしているわけではないので、情報の正確性に欠ける

その点「flier」は、本の要約専門のライター(出版社編集者や新聞記者など)が、出版社と著者の許可を得たものだけを公開しているので、「本当に著者が伝えたかったことを正確に」学ぶことができます。

シオン
短時間で本の内容を学びたい人や、難しい本で挫折してしまったことがある人も、要約なら大丈夫

特徴4:要約を耳で聴ける

シオン
そうは言っても、通勤は自動車だし、家に帰れば家事や育児があるし、なかなかゆっくりスマホをチェックする時間が取れない方もいらっしゃいますよね。
そんな方のために、なんと!「flier」は要約を音声でも聞けるようにしてくれています。
朝出かける準備をしながら、ご飯を作りながら、子どもの寝かしつけをしながらイヤホンで…音声ならより気軽にチェックできます。

「flier(フライヤー)」の料金

1年間に約 6,000 タイトルのビジネス書が発売されています。

購入すると1冊1,500円~2,000円。

全部買って読んだら、900万円~1,200万円。

一方、「flier(フライヤー)」なら、1番高いプランでも2,200円(税込)ですべてのコンテンツが読み放題。

また、「flier(フライヤー)」はビジネスマンが今読むべき本を選んでくれるので、「タイトルに惹かれて買ったのに、大したことが書いていなかった」ということはないですし、2,600冊以上の要約があって毎日1冊ずつ新しい本が増えていくので「せっかく登録したのに読みたい本がなくなってしまった」ということも防げます。

本の要約サービス「flier(フライヤー)」の料金

引用:flier公式サイトより

シオン
シルバープランでも月5冊までの有料コンテンツを読むことができますが、5冊×10分=1時間ほどで読み終えてしまうので、「ゴールドプラン」が断然オススメです。

「flier(フライヤー)」の評判を分析

悪い評判

お金を払うんだから、気になるのは「悪い評判」ですよね。

  • 音声読み上げが単調
  • 月額料金が高く感じる

「flier」は音声配信をメインにしたサービスではないので、「Amazon Audible」などの読み上げ専門サービスと比べると少し質は劣りますが、私は今のところ聞いていて不満はありません

月額料金2,200円(税込)は、決して安いとは言えないかもしれませんが、「ビジネス書1冊と同じ金額で、今話題の、しかもハズレがない本が読める」と考えれば、じゅうぶん元が取れます。

7日間無料で一番高い制限のないプラン(ゴールドプラン)が使えるので、悩まれているようだったらとりあえず使ってみるのがオススメです。

\ まずは7日間無料でお試し /
※無料期間中に解約すれば0円です

良い評判

口コミを検索すると、「flier」は全体的に良い口コミが多かったです。

  • 立ち読み感覚で本が読める
  • スキマ時間を有効活用できる
  • 本が読めない場面でも音声で聴けるので続きやすい
  • いろいろな本が短時間で読めるので、仕事に活かしやすい

というような口コミがありました。

詳しく見ていきます。

スキマ時間を有効に使える

「flier(フライヤー)」を使っているのは、主に若手~中堅として働いている人。

仕事で新しいアイデアを求められたり、取引先に営業で出向いたり…質の高い仕事が求められるけれど、結婚・育児・家事などでなかなかまとまった時間が取りにくい年代ですよね。

私も、ゆっくり座って本を読む時間が取れなかったので、スキマ時間を有効に使えるのはありがたいです。

本が読めない場面でも使える

「自動車通勤だから、通勤時間に本を読めない」

「家に帰ったら家事で手いっぱいで、ゆっくり読書している余裕がない」

という人でも、「flier(フライヤー)」なら音声再生機能がついているので、本を読めない場面でも最新のビジネス書の情報を得ることができます。

「flier(フライヤー)」は解約・退会できる?

シオン
「解約・退会のボタンが見つからなかったり、電話でないと受け付けてくれないんじゃないの?」という方に朗報です。
  1. flier(フライヤー)の公式サイトからログイン
  2. 一番下のメニューから「解約/退会」をクリック

するだけなので、安心して使うことができます。

ちなみに、解約と退会の違いは、

  • 解約:有料プランをやめて、無料のフリープランにする
  • 退会:利用予定がないので、すべての情報を消去する

です。

まとめ:時間を有効に使いたいなら「flier(フライヤー)」

「flier」は、

  • コンテンツ作りの手間は惜しまない、高品質な要約
  • 出版社からの「この本を取り上げて欲しい」という提案を却下することもある、こだわりの本選定
  • 要約されている本が2,600冊以上

との特徴から、、ITmediaで「本の要約サービス「フライヤー」が簡単にまねされない理由」と特集されるほど、ほかには真似できないサービスです。

つまり、今後同じようなサービスは出てきにくいので、「せっかく登録したのに、ほかにもっといいサービスがあった」ということがありません。

「時間を有効に使いたい!」「もっとたくさんの本を読みたいけれど、なかなか時間が取れない」という方は、ぜひ「flier」を使って、限られた時間でスキルアップしてみてくださいね。

\ まずは7日間無料でお試し /