【ネタバレあり】使えない夫を気の利く夫に変えよう「夫のトリセツ」(黒川伊保子)

2018年10月に発売されるやいなや、様々なメディアに取り上げられ、とても話題になった「妻のトリセツ」。

怖い妻や理不尽なことを言う妻への対処法を、脳科学の観点から解決していこうというこの本。

脳科学・AI研究家である黒川伊保子さんが書かれています。

夫側からの離婚申し出理由で多いのは「妻が怖いから」というのは衝撃的でした。

今回はその続編、「夫のトリセツ」。

話が通じない、思いやりがない、わかってくれない、とにかく気が利かない…それでも夫をあきらめないというのがコンセプト

子育て世代が知っていて損はない「夫のトリセツ」の内容をまとめました。(ネタバレあり)

 

神は、夫婦を別れさせようとしている

恋人だったときは、あんなに気持ちに寄り添ってくれたのに、夫や父になったら冷たくなった気がする。

そんな経験はありませんか?

黒川さんによると、その原因は女性脳の構造にあるそう。

動物は、異性の見た目、声、においなどから、免疫力が高いか、遺伝子相性のいい相手に惚れるんだとか。

でも子どもを持った、女性は夫に労力、意識(気持ち)、時間、お金のすべてをすみやかに提供してほしいという本能に駆られるのだ。子どもの生存可能性を上げるために、夫に恋人時代よりより一層共感を求めるようになります。

一方で、男性脳ははるか古来から、戦いに勝ち、早急に問題解決をすることを優先する。夫になり、父になった男性は、守るべきものができたことで責任をひしひしと感じているからこそ、冷たい口を利くようになるのです。

この夫婦のミゾこそが「夫はひどい」の正体。

ぽぽんた
生まれながらに夫婦のミゾを生じる運命だなんて、神様もいじわるだな。

それではどのように夫と付き合っていけばいいのでしょう。

使えない夫を「気の利く夫」に変える方法

どのようにして「気の利く夫」に育て上げるのか。

「夫のトリセツ」では、主に以下の7点が述べられています。

  1. 用事のない会話をしよう
  2. 「察し」を期待せず、欲しいことばも、欲しいものも、口に出して頼めばいい。「こういう時にはこう言って」をルール化しよう。定番ルールを決めよう。
  3. レディファーストは男にとっては形式だが、女にとっては形式じゃない。夫のレディファーストを促そう。
  4. 男はぼうっとしている間に空間認知能力を研ぎ澄ませている。
  5. 結論から、数字から話そう。
  6. 夫の言葉は裏読みしない。
  7. 夫の脳は、カフェに座って外で走る車を眺めているようなもので、妻の行動を認知しないようにできている。察してくれないと恨んだり、気が利かないと嘆いたりする時間がもったいない。

ここで大切なのは、男の対話力やレディーファーストな振る舞いは、母親の責任ということ。

ぽぽんた
だから、息子を育てる時にもこの方法は使えるね(むしろ将来の息子のお嫁さんのために積極的に使わないといけないな…)

ひどい夫を「優しい夫」に変える方法

それでもやたらと自分が優位に立ちたがり、人の気持ちをへこます一言を放つような男性もいる。本人の脳の中では、それは「デキる男の証明」なんでしょうが、妻としてはたまったもんじゃない。

そんな人に対しては、相手の意見をいったん好意的に受け止めてから、「あなたのために、ちょっといい別提案」のふりをすると、勝った気持ちになるので意見を受け入れてくれやすいんだそうですよ。

そのほかにも、

  1. 自分で覚悟を決めて、夫に不安を解消してもらおうとしない。「相談」するから「ノー」と言われるのだ。
  2. できる妻ほど、夫に自分の母親や手下のように使われやすい。あまりいい妻にならない。
  3. 弱みを見せて、頼り合う。「あなたがいなきゃ、生きていけない」を表現する。

ことが大切だと、黒川さんは書いています。

諦めて、夫は大きい子どもなのだと開き直るのも手

ここからは私の感想になってしまうのですが、「夫は大きい子どもなのだ」と開き直るのもひとつの手なのではないでしょうか。

  • わかりやすく話してあげる
  • 期待しすぎない
  • 「なんでもしてあげたい」病にならない
  • 尊敬の心も大切。弱みを見せて頼り合う。
ぽぽんた
夫に対しても、子どもに対しても、そんなことを気を付けながら接していきたいなと思いました。