地元民オススメ!舞阪のしらす、美味しいのはどのお店?あなたの好きな種類は何?買ったら絶対ファンになる

ズボラワーママぽぽんたです。

突然ですが、「浜名湖」と聞いて何が思い浮かびますか?

うなぎ?舘山寺温泉?パルパル?釣り?みかん、なんかもありますね。

実は隠れた名物、「舞阪のしらす」も美味しくてオススメです。

今回は地元民のぽぽんたがオススメする舞阪のしらす屋さん、選ぶ時に参考にしたいしらすの種類をご紹介します。

 

舞阪はしらす漁発祥の地

舞阪では、明治のはじめ頃からしらす漁が行われていて、しらす漁発祥の地とも言われています。

今でも舞阪には江戸時代から続く老舗のお店があります。

舞阪が接している遠州灘は、天竜川や浜名湖からの淡水の流入量が多くて、プランクトンが発生しやすく、プランクトンを食べる為にシラス集まってきます。

しらすは「鮮度が命」なので、漁場に近い舞阪はしらす干しを作るのに最適な土地。

水あげされたしらすは即セリにかけられて、舞阪の加工場でその日のうちに加工されます。

漁場から店頭に並ぶまでにかかる時間はごくわずか。

これが舞阪のしらすが美味しい秘訣なんだとか。

しらすの種類

スーパーで魚売り場を見ると、大小いろいろなしらすが並んでいますよね。

しらすは加工していくごとに呼び名が変わります。(スズキが成長するごとに呼び名が変わるのとおんなじ!違うか。)

ここでは舞阪での呼び方を紹介したいと思います。

釜あげしらす

釜でゆで上がったしらすを、湯切りして冷ました、しらす。

柔らかくて水分が多いので日持ちはしませんが、しらす丼にするならこれ。

ちなみに釜あげしらすで佃煮を作ると、冷めても柔らかいので、子どもでも食べれます。

手間が一番かかっていないので、「しらす干し」や「上干ちりめん」と比べると安価です。

冷凍したものを解凍するとべちょっとしてしまいがち。

しらす干し

釜あげしらすを少し乾燥したのが、「しらす干し」。スーパーでよく見かけるのはこれですね。

しらすご飯にするのもよし、大根おろしと一緒に食べるのもよし。

大きさによって値段が分かれます。(しらすの大きさが小さいモノの方が高いです)

上干ちりめん

しらす干しをもっと乾燥させると上干ちりめん(じょうかんちりめん)になります。

値段は3種類の中で一番高め。

オススメはチャーハン。コリコリしているので、そのままおつまみとして食べるのもアリ。

舞阪丸半堀江商店

国道301号線沿いに店舗を構えるのは、「舞阪丸半堀江商店」。

創業はなんと、慶応3年(1867年)!

明るい店内には商品がズラリ

店舗の南側にある駐車場に車を停めて、いざ店内へ。

ショーケースには新鮮なしらすが並び、お好みのグラム数を包んでくれます。(量り売りのビニール袋の中には紙袋が入っていて、これが適度に湿気を吸ってくれる)

メインのしらすのほか、広くて明るい店内には焼きのりや干物、かつおぶしなども並んでいます。

お店の情報

住所 〒431-0211 静岡県浜松市西区舞阪町舞阪337−1
営業時間 9時~18時
電話番号 053-592-0056

丸昌河合商店

公共交通機関でお越しの方にオススメなのが、浜松駅から西へ3駅、JR弁天島駅から徒歩5分のところに店を構える「丸昌河合商店」です。(もちろん店舗の横に駐車場も完備してますよ)

パンフレットによると、客寄せのために生しらすを提供する港が全国に数多ある中、すべての生しらすを加工用とするところが舞阪のしらすの誇りであり、仕事の特徴なんだとか。

こちらもショーケースには新鮮なしらすが並び、お好みのグラム数を包んでくれます。

お店の情報

住所 〒431-0214 静岡県浜松市西区舞阪町弁天島2733−5
営業時間 8時30分~18時(水曜定休)
電話番号 053-596-0241

舞阪のしらす、美味しいのはどのお店?

今回は舞阪のしらす屋さんのうち、数店舗を紹介させていただきました!(今後も随時更新予定です)

この他にも舞阪にはたくさんのしらす屋さんがあり、お店ごとに塩味が強かったり、干し加減が異なったり…と様々な特徴があって、「誰にでもこのお店がオススメできる!」というお店がありません

地元舞阪に住む人には、それぞれ御贔屓のお店があります。

私が好きなのはどこのお店の味かな?
量り売りをしてくれるお店が多いので、少しずつ買ってみて食べ比べてみるのをオススメします。
ぜひ、お気に入りの1店を見つけてみてくださいね!

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ