【体験談】結婚する前に知っておきたい。気になる結婚式や新生活にかかる費用はいくら?

ズボラ―ワーママぽぽんたです。

独身時代、ほとんど貯金をしてこなかった私。

結婚前という幸せな時間を楽しみたいのに、募るのはお金の不安のことばかり…。

今回は、全国的な調査と私の体験談をもとに、結婚式や新生活にかかったお金のことについて考えていきたいと思います。

 

結婚が決まったら何にいくらかかるのか

ところで、結婚が決まったらどんな出費が待ち構えているのか知っていますか??

披露宴、新婚旅行、指輪…そのほかはどんな出費があるのでしょうか。

ぽぽんた
結婚式に呼ばれたことは何回もあるけど、どれくらいの金額がかかっているかは聞いたことがないな…
というのが、結婚する前の私の正直な感想でした。

結婚情報誌「ゼクシィ」では、結婚(挙式、披露宴・披露パーティ)をした、もしくは結婚予定があった『ゼクシィ』会員を対象に、結婚式の内容や使った金額、検討手段や選んだ理由などを毎年調査をしています。

果たして、みんなは結納・婚約から新婚旅行までどれくらいの金額をかけているのでしょうか。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」の結果(全国平均)がコチラ。 (単位:万円)

結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用の総額 461.8
婚約 結納式 23.1
両家顔合わせ 6.7
婚約指輪 35.5
挙式・披露宴 結婚指輪 24.2
挙式・披露宴費用 354.9
新婚旅行 新婚旅行費用 61.4
新婚旅行土産 10.4

出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」

もちろん、何を重視するか・親戚をどれくらい呼ぶかなど、特に挙式・披露宴は地域差が大きい項目ですが、結納~新婚旅行までの費用は全国平均で約461万円。

後でご紹介する家具や家電の購入などもあわせると、550万円近い金額になりそうです。(後述するご祝儀があれば一部相殺できます)

最近の結婚式の傾向

一口に結婚式を挙げるといっても、招待客や会場の広さなど、新郎新婦のこだわりや地域によってさまざまな結婚式の形がありますよね。

ところで、最近の結婚式ってどんな傾向があるんでしょう。

結婚式場と打ち合わせをする前に知っておきたい、最近の結婚式の傾向はコチラ。

  • 披露宴・披露パーティの招待客人数の平均は66.3人で、特に「親族」は減少傾向にある。
  • 招待客1人あたりの挙式・披露宴・披露パーティ費用の平均は6.8万円、料理+飲み物費用の合計の平均は19.0千円で、年々増加傾向にある。
  • 「結婚式は列席者に感謝の気持ちを伝える場だ」と思う割合は93%。
  • 「結婚式は人生を振り返り、自分の生き方を再認識する場だ」と思う割合は67.6%。
  • 「当日に向けて、自分がきれいになっていく姿を見せることができたこと」「社会人として成長した自分を見てもらえたこと」が親が喜ぶポイント

出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」

招待客人数は減少傾向にありますが、招待客1人あたりの費用は増加傾向にあって、おもてなし志向が強まっているみたいですね。
結婚式について、「結婚式は人生を振り返り、自分の生き方を再認識する場だ」と思う割合が以前よりも増えていて、特に若年層ではその割合が高いようです。

気になる結婚式の自己負担額

結婚式の費用を考えるときに一番気になるのが、ご祝儀の金額なのではないでしょうか。(もしかして、私だけ?)

ご祝儀や援助があれば、自己負担額は少なくて済みます。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」によると、親・親族からの援助があった人は72%で、その金額の平均は167.8万円。

また、ご祝儀総額の平均は224.3万円。

ということはつまり、

結婚費用の平均(461万円)

- 親からの援助の平均(約168万円)

- ご祝儀の平均(約224万円)

= 自己負担 約69万円

意外とかからない。これくらいなら払えそうって少しは安心できたのではないでしょうか。

新生活にはいくらかかるのか

今度は、「新婚生活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)」を見てみましょう。

「新婚生活実態調査2018」は、全国の20代~40代の女性のうち、直近1年以内に入籍した方を対象に行った調査です。

インテリア・家具 平均28.4万円
家電製品 平均33.4万円
賃貸住宅(社宅を除く)の敷金・礼金 平均18.2万円 ※
引越し費用(業者利用) 平均6.4万円 ※

出典:「新婚生活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)」 ※は2016年のデータ

新生活にかかる費用の平均は86.4万円。

2人それぞれが欲しいものを買うと、お金がいくらあっても足りないので、何にこだわり、何を削るか家族会議をしてみましょう。

結婚して子どもができたら、出産費用や教育費などもかかってくるので、預貯金を使い切るのはおすすめできません。

我が家は独身の時のものを持ち寄って、必要最小限からはじめ、少しずつ買い足すスタイルにして節約しました。

子どもが生まれると生活スタイルも変わり、オシャレで高い家具や割れやすい雑貨などは結局撤去しなくてはいけなくなったため、結婚当初はオシャレな部屋を作りたい気持ちをグッとこらえて(これがなかなか難しいんですけどね)、安い家具で済ませるのがオススメですよ。

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ