保育園入園準備、全部試した!洋服の名前書き、おすすめの方法は?

入園、進級、クラス替え…楽しみもあれば、面倒なこともありますよね。

それはそう、「名前書き」!

ぽぽんた
こんなにたくさん、大きさもバラバラ…心が折れそう。。。
あくまで、私と同じ、面倒くさがりのママにおすすめできる方法です。
丁寧なママや、時間をかけてゆっくり準備してあげたいママにはおすすめできません…。

洋服の名前書き

「保育園の名前書き」とひとことで言っても、方法は様々。

意外と奥が深いんです…。

実際に試してみて感じたメリット・デメリットがこちら。

  • お名前スタンプ
    【メリット】
    ・見た目が綺麗
    ・いろいろな大きさがある
    【デメリット】
    ・毎回スタンプやインクを出すのが面倒
    ・スタンプを失くした!と思ったら、子どものおもちゃになっていた
    ・大きさに合わせてスタンプを持ち替えるのが面倒
    オムツに押すのが面倒になって、やめました
  • 名前シール(アイロンでつけるテープタイプや文字タイプ)
    【メリット】
    ・見た目が綺麗
    【デメリット】
    ・アイロンを出したり、皺を伸ばしたり…手間がかかる
    ・コスパが悪くて、オムツの記名に使えない
    断トツに手間がかかる割に、剥がれやすかったのでやめました
  • タグにマスキングテープを貼る
    【メリット】
    ・にじまない
    ・おさがりでも大丈夫(前の子の名前の上に貼れる)
    【デメリット】
    ・洗濯で剥がれたテープが、予想もしないところから発見される
    ・洋服にタグがないと、付けれない
    ・マスキングテープを切るのが面倒
    ・オムツの記名に使えない
    面倒くさがりの私は、可愛さよりも面倒くささが勝ってしまってやめました
  • タグに名前シール(粘着タイプ)を貼る
    【メリット】
    ・にじまない
    ・おさがりでも大丈夫(前の子の名前の上に貼れる)
    ・貼るだけ。簡単な割に接着力が強く、剥がれない。
    【デメリット】
    ・洋服にタグがないと、付けれない
    ・オムツの記名に使えない
    シールに名前を書いて、貼るという2段階作業が面倒でやめました
  • 油性ペンで直接書く
    【メリット】
    ・何回洗濯してもへっちゃら
    ・おさがりでも大丈夫(前の子の名前の上に書ける)
    ・オムツの記名がはかどる
    【デメリット】
    ・にじむ
    ・黒い布地に書くと見えない
    「書くだけ!」というのが面倒くさがりの私にはぴったり

大物(シーツや布団カバー、タオルなど)の名前書き

保育士さんのオススメは断然「油性ペン」
1年を通して使うので、名前シールだと剥がれてしまって、かえって汚くなったり付け直したりしなくてはならないそう。

ぽぽんた
油性ペンで名前を書いた別の布をミシンで縫い付けるのが、面倒でも一番
ほんとに目から鱗でした。

綺麗に書くコツ

油性ペンで綺麗に書きたい!という人には、「ためしがき」というホームページがオススメ♪

ためしがき - 日本語のフリーフォントを検索できるサイト

日本語のフリーフォントを好きな言葉・文章で試せるサイト…

 

スマホかパソコンの画面に映して、布をあてたら、上からなぞるだけ。

ぽぽんた
フォントのおすすめは、「ニコモジ」か「けいふぉんと!」
なぞるだけでそれっぽくできちゃいます。

靴下の名前書き

靴下って、汚れないように濃い色のものが多いですよね。

ぽぽんた
スタンプや油性ペンは見えないし、名前シールを貼るのも面倒だし剥がれてきそう…。
そんな時に助けてもらったのが西松屋
足首の部分をクルッと折り返すと、名前を書けるように白地になっています。
ぽぽんた
開発した人、ありがとう!!!

名前書き、おすすめはやっぱり「油性ペン」

ぽぽんた
時間をかけても、息子は0歳。見るのは保育士さんだけだし、一番手間がかからない方法がいいなぁ…。
私が最後に行きついたのは、やっぱり「油性ペン」で直接書く方法。
ちょっとくらいにじんでても、友達と比べるわけじゃないし…と開き直ってから、「名前書き」の速さが格段にアップ。
おさがりの洋服も、前の子の名前の上に書くだけです。
省けるところは省いて、空いた時間を有効活用できるといいですね♪

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ